• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 保育士

保育士

保育士

乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

保育士のやりがい

親代わりとなって子どもを見守り、その成長を日々間近で感じられることにやりがいを感じると語る保育士さんが多いです。「昨日できなかったことができるようになった!」という瞬間に立ち会えることは、何よりうれしい瞬間かもしれません。子どもの笑顔が原動力だという声も多く聞かれます。ただその一方、体力的にも精神的にもハードな仕事であることも事実。「子どもが好き」だけでは長く続けられない仕事であることも覚悟しておく必要があるでしょう。

保育士の就職先・働く場所

代表的な就職先は保育所になります。公立・私立、認可・認可外、小規模保育所、企業内保育所などバリエーションは多岐にわたり、どこに就職するかによって働き方や給与・待遇面も異なってきます。そのほかにも、託児所、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、母子生活支援施設、乳児院、病院、助産施設、児童家庭支援センター、児童館、幼児教室、商業施設内の託児施設など、さまざまな施設で保育士が活躍しています。正規職員として働くほか、派遣やパートタイムで働くことも可能ですし、自宅で少人数を預かる保育ママ、ベビーシッターなど、組織に属さず独立して働く保育士もいます。女性が多い職場ですが、最近では男性保育士も増えつつあります。

  • 保育園
  • 病院
  • 障害児関連施設
  • 児童福祉施設
  • 市町村役所

保育士の年収・給料・収入

男女計の平均年収は約323万円、月で計算すると基本給で約21万円程度となっています。とはいえ、勤務する施設の規模や形態、フルタイムかパートタイムかなどの雇用条件の違いによって大きく変わってきます。公立保育所の場合は地方公務員扱いになりますし、民間保育所の場合は施設によって給料も待遇もさまざまです。就職先を探す際には、いくつかのパターンを見ておきましょう。給料に対する満足度を見ると、「仕事の大変さや責任の大きさに対して安く感じる」という声も聞かれますが、「子どもとかかわる仕事がしたい」という人にとっては、お金には換えられない「やりがい」が得られる仕事です。また、資格が必要な「手に職」の仕事ですから、出産や育児などで一時的にキャリアをストップすることになっても復帰がしやすく、長く安定してお金を稼ぐことができるというメリットもあります。

保育士の将来の展望

「少子化が進んでいるので保育士ニーズは減っていくのでは…?」と考えている人は安心を。共働き家庭の増加に伴って「子どもをどこかに預けたい」と考える親が増えており、待機児童問題も根深いことから、保育士の需要は年々伸びています。また、民間企業の社内保育所、大学内保育所、買い物中に子どもを預かる商業施設内託児所、ベビーシッターなど、保育士の活躍の場も拡大。保育学を学べる大学院も増えており、今後はより高度な専門性をもった保育士のニーズも伸びていきそうです。

保育士になるには

保育士になるには、国家資格である「保育士資格」が必要です。保育士資格は、厚生労働省に指定された保育士の養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業すれば、無試験で取得することが可能。最短で保育士資格を取得し、早く現場に出たいという人には2年制の短大か専門学校が候補になるでしょう。乳幼児教育など、関連分野についてより深く幅広く学びたいという人には、4年制大学、3年制の短大・専門学校が適しています。また、これらの学校を卒業していなくても、受験資格を満たしたうえで「保育士国家試験」を受験し、保育士になるルートがありますが、合格率は10%~20%台と低く、簡単な道ではありません。保育士になりたいと考えている高校生であれば、いずれかの養成施設に入学し、卒業するのがベターな選択と言えるでしょう。

保育士の適性・求められる力

必須条件としては保育士の資格をもっていること、そして「子どもが好き」であることが挙げられます。また、子どもと接するだけでなく、保護者とも日々接する仕事になるため、高いコミュニケーション力が求められる仕事です。保育園や社会福祉施設にはさまざまな事情をもった家庭の子どもがいますから、相手の気持ちを汲み取り、寄り添う気持ちや理解する姿勢も大切です。精神的にも体力的にもハードな仕事になりますが、「子どもの笑顔」をモチベーションにできる人であれば、長く続けることができるでしょう。

保育士の学校の選び方

保育士として働くために必要な「保育士資格」は、厚生労働省に認定された保育士の養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業すれば、無試験で資格を取得することができます。保育士資格が取得可能な学校かどうかをまず確認しましょう。最短で現場に出たいという人は2年制の短大や専門学校、学問としても保育を追究したいという人は4年制大学への進学が望ましいでしょう。通学が難しい、仕事をしながら資格を取得したいという場合は、通信課程で学ぶという手段もあります。また最近は、「幼稚園教諭免許状」を同時に取得できる学校も増えているので、「保育士資格」と「幼稚園教諭免許状」のダブル取得を考えている人はその点も忘れずチェックしてください。

保育士<国>

女性の社会進出にともない、ニーズの高まる保育のプロ

女性を中心に根強い人気がある資格。以前は保母といわれていたが、男性志願者も増え、男女共通の名称として保育士と呼ばれるようになった。2003年に法定化(国家資格化)され、保育士を名乗るには都道府県に登録する義務が生じている。保育士になるための一般的なルートは、保育士を養成する短大や専門学校などで学ぶこと。卒業と同時に無試験で取得できる。これとは別に、毎年行われる保育士試験にチャレンジする方法もある。

保育士<国>の就職先

保育所を中心に、児童福祉施設、障害児福祉施設などの福祉関連施設、企業や病院、ホテル、デパート、劇場、公共機関の託児所などに勤務する。保育所と似た施設に幼稚園があるが、幼稚園で働くには幼稚園教諭の免許が必要。

保育士<国>をとるには

保育士<国>の受験資格

厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校、その他の施設を卒業することで取得するのが一般的。一方、保育士試験の受験資格は、短期大学卒業者、大学に2年以上在籍し62単位以上を修得した者、高校卒業後、児童福祉施設において2年以上かつ2880時間働いた者、中学卒業後、児童福祉施設において5年以上かつ7200時間働いた者。

保育士<国>の合格率・難易度

合格率

資格団体

厚生労働省
電話:(社)全国保育士養成協議会 保育士試験事務センター0120-4194-82
URL:http://www.hoyokyo.or.jp/ ((社)全国保育士養成協議会)
保育士を目指せる資格
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

保育士に関連する記事

  • 専門職として期待が高まる保育士!ニーズに応える人材になるには?

    「子どもが好き!」という高校生に人気の保育士 高校生の「なりたい職業ランキング」では、いつも女子部門の上位に来る人気の職業の保育士。 待機児童問題や保育士の人手不足が話題になることも多いように、ニーズは高まる一方だ。 「子どもが好き!」という高校生にとっては、魅力のある将来の選択肢の一つ …

  • 保育士と幼稚園の先生、資格や仕事の内容はどう違うの?

    ●少子化でも保育士は人材不足 高校生の“なりたい職業”ランキングで、女子部門では必ずといっていいほど上位になる保育士・幼稚園教諭。 「少子化だから就職が厳しそう」と思う高校生もいるかもしれないが、それどころか保育士は人材不足。 保育所に入りたくても順番待ちですぐには入れない“待機児童”の …

関連キーワード

保母 保父

保育士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

徳島健祥会福祉専門学校 - 福祉・保育・医療のシゴト体験会 - 2017/08/05 - 徳島県徳島市国府町東高輪
群馬社会福祉専門学校 - 子どもが好き!高齢者に優しい人の夏のオープンキャンパス第2弾 - 2017/08/05 - 群馬県前橋市元総社町152
専門学校 麻生医療福祉&観光カレッジ - 【福祉分野】オープンキャンパス開催 - 2017/07/29~2017/08/06 - 福岡県北九州市戸畑区小芝3-3-1