• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 保育士
  • なるには
やりたいことを見つけよう!

保育士になるには

保育士になるには、国家資格である「保育士資格」が必要です。保育士資格は、厚生労働省に指定された保育士の養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業すれば、無試験で取得することが可能。最短で保育士資格を取得し、早く現場に出たいという人には2年制の短大か専門学校が候補になるでしょう。乳幼児教育など、関連分野についてより深く幅広く学びたいという人には、4年制大学、3年制の短大・専門学校が適しています。また、これらの学校を卒業していなくても、受験資格を満たしたうえで「保育士国家試験」を受験し、保育士になるルートがありますが、合格率は10%~20%台と低く、簡単な道ではありません。保育士になりたいと考えている高校生であれば、いずれかの養成施設に入学し、卒業するのがベターな選択と言えるでしょう。

養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業する

学校やコースによって学ぶ期間に2~4年と幅があるので、それぞれのメリットとデメリットを比較して選ぶことが大切です。「早く現場に出て働きたい!」「なるべく学費の負担を軽くしたい」という人には、2年制の短大・専門学校がおすすめです。しかしながら2年間で実習をこなしながらさまざまな勉強に取り組むことになるので、多忙な日々になることは覚悟しておきましょう。「現場に出る前に、保育や周辺分野の学問を深く学んでおきたい」という人には4年制大学が向いているでしょう。その後、大学院に進むという道もあります。また、「認定こども園」のように、今後の保育現場では保育と教育の両方を学んでいることが重視されていくと予想されるため、「保育士資格」と「幼稚園教諭免許」のダブル取得を目指せる学校も増えてきています。ダブル取得をねらう場合は、それが可能な学校かどうか入学前にしっかり確認しておきましょう。

保育士試験に合格する

保育士とは関係のない学部・学科・専門課程の卒業者などでも、受験資格を満たしたうえ、保育士の国家試験に合格すれば保育士資格を取得することが可能です。

保育士に関連する記事

関連キーワード

保母 保父

保育士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路