• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 保育士
  • 求められる人物は?適性を知る
やりたいことを見つけよう!

保育士の求められる人物は?適性を知る

必須条件としては保育士の資格をもっていること、そして「子どもが好き」であることが挙げられます。また、子どもと接するだけでなく、保護者とも日々接する仕事になるため、高いコミュニケーション力が求められる仕事です。保育園や社会福祉施設にはさまざまな事情をもった家庭の子どもがいますから、相手の気持ちを汲み取り、寄り添う気持ちや理解する姿勢も大切です。精神的にも体力的にもハードな仕事になりますが、「子どもの笑顔」をモチベーションにできる人であれば、長く続けることができるでしょう。

子どもが好きであること

現職の保育士さんに「保育士になったきっかけは?」と聞くと、やはり「子どもが好きだから」という答えが多いです。毎日、長時間子どもと一緒に過ごす仕事ですから、やはり「子どもが好き」であることは第一条件になるでしょう。子どもにとって保育士は「もう一人の親」のような存在です。子どもに愛情を注ぎ、見守り、時に叱り、一緒に笑ったり泣いたりし、共に成長することを楽しめる人であれば、子どもたちからも保護者からも信頼される保育士になれるでしょう。

体力

子どもを抱いたり、一緒になって走り回ったり、追いかけたり…。それもひとりだけを相手にするのではなく、複数の子どもたちを同時に見るわけですから、保育の現場は想像以上に体力勝負です。どんなに疲れていてもそうした姿は見せず、元気いっぱいな子どもたちと一日中過ごすことができるかどうか、それも保育士の重要な資質です。

洞察力・危機管理能力

子どもたちの心・身体の微妙な変化や異常を見抜いたり、子どもたちが求めていることを察知してあげたりと、細やかなケアができるかどうかも大切です。さらには、施設内に危険な場所や不衛生な場所がないかをチェックし、子どもたちの動きから目を離さず事故や怪我防止につとめなくてはなりません。

コミュニケーション力・共感力・課題解決力

子どもに向き合うことだけが保育士の仕事ではありません。保護者への育児サポートやアドバイスにも、実は多くのパワーと時間を割くことになります。保育園や児童福祉施設にはさまざまな境遇・事情をもった子どもたちが集まってきます。例えば、親が病気だったり、家族と一緒に過ごせない理由があったり、愛情をしっかり受けられていなかったり…。「目の前にいる子どもと親が抱えている想いや悩み、苦しみは何なのか?」「そんな子どもたち、親に対して、保育士としてできることは何か?」それを常に考え、実践していく必要があるのです。言い換えれば保育士とは、子どもが育つ“家庭”そのものを見守り、サポートしていく立場。一つひとつの家庭とじっくり向き合い、悩みを共有し、一緒になって解決への道を探っていく。そんな役割にも大きな期待がされているのです。

保育士に関連する記事

関連キーワード

保母 保父

保育士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路