やりたいことを見つけよう!

介護福祉士

介護福祉士

入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

介護福祉士のやりがい

人の役に立っていることを日々実感できることが介護福祉士にとってのやりがい。自分たちが考えたレクリエーションや食事のメニューなどでお年寄りたちが笑顔になるのを見るのもやりがいを感じる場面だ。また、認知症を患っていたり、精神的に安定していないお年寄りが相手の場合は必ずしも自分たちの気持ちがストレートに通じるとは限らない。それでも根気強く接し続けることで相手の反応が少しずつ変わってくることがあり、そんな瞬間にもこの仕事ならではのよろこびがある。

介護福祉士の働く場所

主な就職先は、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、老人保健施設、身体障害者施設、訪問介護サービス事業者、高齢者関連のサービス業など。求人数は多くはないものの、公立の福祉施設であれば、公務員として働く道もある。介護は体力を使う仕事なのでハードではあるが、最近は福祉用具、福祉機器の発達も進み、少しずつ厳しい労働環境も改善されつつある。

  • 老人福祉施設
  • 障害者福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 市町村役所

介護福祉士に求められる力

介護が必要なさまざまなお年寄りと日々接する仕事なので、相手をいたわる気持ちや、誰からも愛される人柄などが大切な仕事。もちろん、お年寄りとのコミュニケーションに慣れていない人でも、学校での実習で数多くのお年寄りと触れ合うので大丈夫。人と接することが好きで、人の役に立ちたいという気持ちがあれば対応できる。そのほかでは体力や忍耐力があることも重要なポイント。

介護福祉士の年収

平均給与 21万8400円/月 ※福祉施設介護員の平均給与。年間賞与その他特別給与額47万4400円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

介護福祉士になるには

介護福祉士の資格取得を目指しているのであれば、大学・短大・専門学校の介護福祉士養成を目的とした学科・コースに進むのが王道。短大・専門学校は一部3年制もあるが2年制が中心。大学なら4年間学ぶことになる。これらの学科・コースで受験資格を得て、介護福祉士を取得したのち、介護施設などに就職する。ただし、資格がなくても就職は可能。その場合は、現場で介護の経験を3年以上積めば介護福祉士の受験資格が得られる。

介護福祉士の将来展望

今後、高齢化はますます進んでいくため、福祉に関わる人材は今以上に必要になることが推測されている。同時に介護の仕事に高い専門性を求める傾向も強くなっており、介護福祉士へのニーズは確実に高まっていくと見られている。さらに介護分野は、保健・医療分野とも関連しているので、今後保健・医療にも詳しい人材が求められていくと考えられる。

介護福祉士の学校選びはココをチェック

2年制の短大・専門学校から4年制の大学まであるので、学ぶ期間を決めてから学校選びをしよう。2年制であれば、より早く介護福祉士を取得でき、早く就職できる。学費の総額も安く抑えられる。4年制大学で学んだ場合は、その分より多くの実習を経験できるといったメリットがある。余裕をもって学ぶことができるのも魅力だ。また、合格率が50%台という年も多い試験なので、学校別の合格率もチェックしておきたい。また、福祉業界に太いパイプのある学校は就職にも強いので、その点もしっかり見ておこう。

介護福祉士<国>

高齢者や身体の不自由な人が安心して生活できるよう、介護や指導を行う

介護福祉士の仕事は、日常生活を営むのに支障が生じている高齢者や障害者に対して、入浴、排泄、食事などの介護を行う。また、本人やその家族などに対して介護に関する指導を行う。人と正面から向き合う仕事だけに、思いやりの気持ちや、コミュニケーションを上手に取れることも要求される。したがって、専門的な知識の修得だけでなく、幅広くさまざまな体験を積むことも大切だ。厚生労働大臣認定の国家資格。

介護福祉士<国>の就職先

各種社会福祉施設、民間の福祉関連事業所など。在宅の高齢者や障害者に対する訪問介護業務も多い。女性が約8割を占めるが、男性の介護福祉士の需要も大きい。

介護福祉士<国>をとるには

介護福祉士<国>の受験資格

一定の養成施設を卒業すると取得できる資格である。3年以上介護などの業務に従事した者、または福祉系高校卒業者などは、介護福祉士国家試験に合格して資格を取得しなければならない。ただし、2015年4月から、上記卒業者は受験資格所有者となり、介護福祉士になるには、介護福祉士国家試験に合格して資格を取得しなければならない。

介護福祉士<国>の合格率・難易度

合格率
64.40%
※2012年度(第25回)

資格団体

厚生労働省
電話:(財)社会福祉振興・試験センター03-3486-7521
URL:http://www.sssc.or.jp/

介護福祉士に関連する学問

介護福祉士を目指せる学校を探すならリクナビ進学