• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • 介護福祉士
  • 学校の選び方
介護福祉士の学校の選び方

介護福祉士の学校の選び方

2年制・3年制の短大・専門学校から4年制の大学まであり、夜間課程を置く学校もあります。学ぶ期間や時間帯を決めてから学校選びをしましょう。2年制であれば、より早く介護福祉士を取得でき、学費の総額も安く抑えられます。一方、4年制大学で学んだ場合は、その分より多くの実習を経験できるといったメリットがあります。余裕をもって学ぶことができるのも魅力です。学校別の資格の合格率もチェックしておきましょう。また、福祉業界に太いパイプのある学校は就職にも強いので、その点もしっかり見ておきましょう。

専門学校

専門学校では、短大・大学に比べて、現場で役立つことを学ぶための実践的なカリキュラムが多く組まれています。仕事に直結する科目が大半で、座学と実習の両科目がバランスよく設置されています。就職を意識した教育編成がされていることも専門学校の特徴で、介護福祉士の資格以外にも、複数の資格が得られる学校が多くあります。専門学校によってカリキュラム、学費、就職率に違いがありますから、比較して検討しましょう。

福祉系の短期大学

「社会福祉士および介護福祉士法」に基づき規定される指定科目または基礎科目を履修できる、福祉系の短期大学を卒業している場合は、修業年数に応じた「相談援助実務経験」を積むことで受験資格を得ることができます。短期大学で学ぶ特徴は、介護や福祉に関する専門的な科目以外に、教養科目もしっかりと受講できることです。

福祉系の4年制大学

「社会福祉士および介護福祉士法」に基づき規定される「指定科目」をすべて履修できる4年制の福祉大学では、卒業と同時に社会福祉士の国家試験を受験する資格が得られます。ただし、福祉系4年制大学の中でも、社会福祉士国家試験受験に必要な「基礎科目」のみ履修する大学を卒業した場合は、卒業後に短期養成施設で6カ月以上学ぶ必要があります。4年制大学は短期大学や専門学校と比較して教育期間が長いため、教養教育が充実しているのも魅力。幅広い科目を学ぶことができます。ただし、在籍年数が長くなる分、短期大学や専門学校と比較すると入学金や授業料は高額になりがちです。

全国のオススメの学校

介護福祉士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路