• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 看護師

看護師

看護師

患者をケアする体力と明るさが必要

病院や診療所で、医師の指示に従って、診察や治療のアシスタントを行い、患者さんの症状を正確に把握し、適切な看護をする。最近では、医療の専門分化に伴い、職務も専門化してきている。看護は技術に加えてメンタルな部分も多く求められている。

看護師のやりがい

人の命を預かる仕事だけに大変なこと、つらいことも多いのが看護師。しかし、だからこそ、苦労して介助・ケアをした結果として、患者さんがだんだんと健康を取り戻していくのを目の当たりにしたり、患者さんから感謝の言葉をもらったりしたときには大きなよろこびが得られる。「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という気持ちが強い人にとっては、やりがいを感じる機会が多い仕事といえる。

看護師の就職先・働く場所

主な就職先は病院やクリニック。入院施設のある病院では24時間体制の看護が必要になるので、昼勤以外に夜勤もあり、シフト制で働くのが一般的。入院施設のないクリニックなどでは、深夜勤務がなく、労働時間は規則的だ。このほか、介護施設や訪問介護サービス会社など、福祉関連の施設・企業に就職するケースも最近では増えている。さらに保育所やスポーツ施設で活躍する看護師、一般企業の健康管理室などで活躍する看護師も。

  • 老人福祉施設
  • リハビリセンター
  • 保健所
  • 保育園
  • 福祉関連相談所
  • 病院
  • 障害児関連施設
  • 児童福祉施設

看護師の年収・給料・収入

平均給与 32万6900円/月 ※年間賞与その他特別給与額78万6900円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

看護師の将来の展望

高齢化が今後さらに進んでいくため、病院、高齢者介護施設、訪問介護サービスなどの分野で看護師のニーズは今後ますます伸びていく。看護師志望者も増えているが、仕事がハードで辞める人が少なくないこと、女性が多く、出産・育児で現場を離れるケースが多いことなどもあって、現状でも慢性的な人材不足。今後数年で就職状況が厳しくなることは考えにくいと見られている。

看護師になるには

看護師になるには、文部科学省指定の学校か厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業し、看護師国家試験に合格することが必要。学校は4年制大学、3年制の短大・専門学校・看護師学校がある。なお、2年制の看護系学科もあるが、2年制で目指せるのは准看護師。准看護師は廃止の方向性で検討されており、2年制の学科やコース自体が今では非常に少ない。

看護師の適性・求められる力

看護師の国家資格は必須。加えて、医療のスペシャリストとして、医学に関する専門的な知識や注射などの技術も重要だ。病気やけがで不安になっている患者さんを精神的に支えるため、相手を思いやる心やコミュニケーション能力も不可欠。また、患者さんの病状が悪化したり、亡くなったりする場面も数多く経験することになるので、精神的に強いことも求められる。また、患者さんの介助や世話をするために一定以上の体力があることも必要だ。

看護師の学校の選び方

最近は、4年制大学の看護学部が毎年のように新設されており、充実傾向にある。早く仕事に就きたい、学費の総額を安く抑えたいという希望がある人には3年制の短大・専門学校が候補となるが、じっくり学びたい、医学や福祉についても幅広く学びたいという人には4年制大学がオススメだ。また、看護師には大学院で学んで特定分野に強い専門看護師を目指すステップもあり、そのためには大学を出ておくことが望ましい(3年制卒でも実務経験などの条件を満たせば大学院進学は可能)。

看護師<国>

医療の第一線を支える重要な役割。保健・医療・福祉分野で活躍する

看護師の主な仕事は、医師の指示に基づき、診療の補助をしたり、患者の療養上の世話を行うこと。高度化・専門化する医療体制のなかで、患者と医療スタッフ間のコミュニケーションを円滑にし、患者の心のケアにあたるといった重要な役割も担っている。資格取得には看護学校などで学んだ後、看護師国家試験に合格する必要がある。学校では熱心な指導が行われるため、試験の合格率は高く、取得後の就職率も高い。

看護師<国>の就職先

病院や診療所などの医療機関が主な活動場所。最近では、高齢社会における在宅での看護ニーズが高まり、訪問看護ステーションや地域の保健福祉関連施設などでも、看護師の専門的な知識や経験が求められるようになっている。

看護師<国>をとるには

看護師<国>の受験資格

看護師国家試験の受験資格は、文部科学大臣の指定した学校において3年以上、看護師になるのに必要な学科を修めた者や、厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業した者など。

看護師<国>の合格率・難易度

合格率
89.6%
※2014年3月実施標記試験(第103回)

資格団体

厚生労働省
電話:医政局 医事課 試験免許室03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/
看護師を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

看護師に関連する仕事・資格

看護師に関連する学問

看護師に関連する記事

  • 高校生なりたい職業ランキング1位の看護師の仕事! 「訪問看護師」って?

    今年2月の調査によると、「女子高生が就きたい職業」のトップに輝いたのは、看護師。(※1) みんなは看護師と聞いて、どんなことを思い浮かべる? 例えば、働く場所というと、病院や診療所を思い浮かべるかもしれない。けど、働く場所はさまざま。 老人福祉施設や保健所、リハビリセンターでも看護師が活 …

  • 2013年度は8大学が開設予定!年々増える「看護学部・学科」

    4年制大学の看護学部が年々増加を続けている。別掲のグラフのとおり、毎年10大学前後が新設されており、そのペースはまったく衰えない。2013年度も東京医科大学、共立女子大学、創価大学、関東学院大学など8大学が看護学部・看護学科の新設を予定している。 出典/厚生労働省「看護師等学校養成所入学状況 …

  • 女子に人気NO.1の看護師、夜勤やお給料の実態は?

    女子高生が就きたい職業のトップである「看護師」(※1)。世の中からのニーズが高く、女性でも長く働き続けられそうな印象があるが、実際に働く人の状況はどうなっているのだろうか。20~44歳の現役看護師を対象に行ったアンケート調査「ナースの年収・給料大調査」から、気になる勤務スタイルやお給料、転職事情を探 …

  • この5年間で1.5倍に。男性看護師が急ピッチで増えている!

    ●男性看護師は現在4万人を超えてさらに増加中 看護師というと、一般的には“女性の仕事”というイメージがある。もちろんイメージだけでなく、2012年の看護師全体に占める女性の割合は93%と、実際に圧倒的多数。 しかし、なかなか目立たないものの、実はここ数年男性看護師の数も急ピッチで増えてきてい …

  • 出産の喜びの瞬間に立ち会う!「助産師」になるために

    生命の誕生という神秘的な瞬間に立ち会う「助産師」のお仕事。 「助産師」というと出産をサポートするイメージがあるが、それだけではない。妊娠から出産のサポート、産後のケア、精神面でのケアまで仕事内容は多岐にわたる。「女性の一生」に大きくかかわる職業だ。 「同じ女性としてサポートしたい」。山本佐枝 …

関連キーワード

看護婦

看護師を目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

関西学研医療福祉学院 - ☆★オープンキャンパス★☆ - 2016/12/18~2016/12/23 - 奈良県奈良市右京1-1-5
横浜未来看護専門学校 - ★年末も見学できます★個別相談受付中!(4) - 2016/12/16~2016/12/19 - 神奈川県横浜市戸塚区矢部町365-2
首都医校 - 臨床工学分野説明会 - 2016/12/19~2016/12/20 - 東京都新宿区西新宿1-7-3