• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 看護師
  • 学校の選び方
やりたいことを見つけよう!

看護師の学校の選び方

看護師国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣指定の学校もしくは厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業する必要があります。学校は、4年制大学、3年制の短大・専門学校があり、学ぶ期間だけでなく、授業内容や取得できる受験資格など、さまざまな面で違いがあります。4年制大学は「看護師になるための授業」以外にも一般教養科目が充実しており、幅広い教養を身につけることができます。また、看護師と同時に、「保健師」と「助産師」の国家試験受験資格を得ることができるのもメリットです。
一方、3年制の専門学校は「看護師になるための勉強」に特化しており、実技や実習が充実している傾向があります。4年制大学よりも1年早く卒業できるので、「早く現場に出たい」という人にはおすすめです。
3年制の短大は「一般教養も学べる+早く現場に出られる」という両方のメリットがありますが、学校の数は縮小傾向にあると言われています。また、所定の単位を修得すれば、養護教諭の免許状(4年制大学の場合は1種、短大・専門学校の場合は2種)を取得することができる学校もあります。いずれも「学校卒業後、看護師としてどのように活躍していきたいか」をイメージしたうえで、その夢と「この学校で身につけられるスキル」が一致するかどうかを見きわめることが大切です。

4年制大学

これまで看護師になるには「専門学校」を卒業するルートが一般的でしたが、看護にも専門性が求められる時代に移行するなかで、4年制大学の看護学部も充実傾向にあります。3年制の短大・専門学校より現場に出るのは1年遅れますが、「看護についてじっくり学びたい」という人にはおすすめの進路先です。大学は「研究」がメインの教育機関なので、「学問的な視点での看護」「自分で考える力」を重視する人にも適した学びの場になります。「自分で考える力」は、患者さんの病状に合わせた看護計画を立てるうえで必要な力になるので、4年間を使ってトレーニングしておいて損はありません。また、卒業と同時に「保健師」「助産師」の国家試験受験資格も得られるカリキュラムとなっているので、将来の働き方の選択肢を広くもっておきたいと考える人は4年制大学を出ておくといいでしょう。

大学院

大学卒業後、大学院に進学し、特定分野に強い「専門看護師」を目指すというステップもあります。とはいえ、専門看護師になるには一定期間以上の実務研修経験も必要になるため、社会人として働いたのちに大学院に進学するという人も多いです。3年制の短大や専門学校の卒業者でも、実務経験などの条件を満たせば大学院進学は可能です。(各大学院によって規定は異なります)。

3年制短大

「一般教養も学べる+早く現場に出られる」のが3年制短大の魅力です。一般教養は看護師の仕事に直接関係しないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。患者さんとの何気ない会話の中で一緒に盛り上がれる話題がみつかれば、それが信頼関係を作るきっかけになることもあるでしょう。とはいえ、4年制大学の拡充に伴って、3年制短大は縮小傾向にあります。

3年制専門学校(看護学校)

「看護師として必要なスキルを最短で身につけて、早く現場に出たい」「学費の負担をなるべく抑えたい」という人におすすめなのが、3年制専門学校(看護学校)です。研究ではなく、実技・実習がメインのカリキュラムになりますので、「看護師の仕事」を体感的に学んでいくことができます。卒業までにかかる費用は学校によって差があるので、たくさん情報を集めて比較検討をすることが大切です。奨学金の給付があり、さらに返還不要(指定病院での一定期間の勤務が条件)という学校もありますので、お金の面でハードルがあるという人はそのポイントで学校を選ぶのもいいでしょう。また、全寮制の場合は「食事の準備などを考えず、勉学に没頭できる」「仲間とサポートし合いながら、国家試験を目指せる」のも大きなメリットです。ただ、学校によっては入学試験の倍率が高く、入学試験対策のための予備校もあるほどですから、受験する学校を早めに絞り込んで準備をしておく必要があります。

看護師に関連する記事

看護師に関連する仕事・資格

看護師に関連する学問

関連キーワード

看護婦

看護師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路