• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 看護師
  • ズバリ!将来性は?
やりたいことを見つけよう!

看護師のズバリ!将来性は?

「2030年には、日本の人口の3人に1人が高齢者」になると言われています。そのため、病院、老人ホーム、訪問看護サービスなどの分野で、看護師のニーズはますます伸びていくと予想されます。看護師志望者自体は少なくないものの、仕事がハードで辞めてしまう人や、結婚や出産のタイミングでの退職や、夜勤・残業のないパートへの配置換えなどにより、看護師はただでさえ慢性的な人材不足。よほど条件にこだわらない限り、働く場所に困るということはないでしょう。

高齢者看護のニーズがいっそう高まる

高齢化社会の到来により、老人ホームや訪問看護サービスの利用者が増え、看護師のニーズも高まりを見せています。病院においても高齢者の入院患者、特に認知症の症状をもつ患者さんへの対応が問題の1つになっているようです。例えば、ベッドから落ちて骨折してしまう患者さん、食事を拒否する患者さん、看護師の指示に従ってくれない患者さんなどに対しては、他の患者さん以上に目を配り手厚いケアをしていく必要がありますが、慢性的な看護師不足のなかではそれも簡単なことではありません。患者の高齢化に備えた看護師の人材確保も、医療の現場における今後の大きな課題になることは間違いないでしょう。

専門的な知識をもつ看護師が求められる傾向

看護師と同じく、特に地方においては医師不足も深刻な問題とされています。そのため、医師のマンパワーが足りていない医療現場においては、それをサポートできるだけの力が看護師に求められています。とは言っても、先に説明したように、看護師ができるのはあくまで「診療の補助」であり、医師の代行業務をすることはできません。看護師に求められるのは、患者が抱える疾患についてのより深い知識、また、医師が決定した「治療方針」を正しく理解し、必要な治療が最善の形で行われるように医師および患者さんをサポートすることです。患者さんのケアをするにあたっては看護師自身が「看護計画」を立てますが、その精度を高めるためにも、患者さんの状態をどれだけ医学的に把握できているかどうかは重要なポイントになります。実際に、特定の看護分野において熟練した知識や技術をもつ「認定看護師」にステップアップすることを目標にしている看護師も多く存在します。「一般的な看護師+α」の力をつけることは、患者さんのためであるのはもちろん、看護師としての自分自身の市場価値を高めることにもつながりますので、選択肢の1つとして心に留めておいてもらえたらと思います。

看護師に関連する記事

看護師に関連する仕事・資格

看護師に関連する学問

関連キーワード

看護婦

看護師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路