• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 保健師

保健師

保健師

地域で暮らす人々の保健指導、健康管理

保健所などで乳児検診などさまざまな健康診断を行ったり、個々の家庭を訪れて、健康上のアドバイスをしたりする。乳児から老人までが対象となるので、社会の中で果たす役割も大きい。最近では在宅ケアをする老人が増加し、それとともに経験豊富な保健師の需要が高まっている。

保健師のやりがい

健康指導などを通して、人々の病気の予防や健康増進に貢献できることが保健師にとっての大きなやりがい。病気やけがをした人を直接ケアする看護師と比べると目に見える成果は少ないかもしれないが、例えば、指導をした子どもから「毎日うがいをするようになった」といった言葉を聞いたときなどはうれしい瞬間の一つだ。また、保健師には、子育てや介護でいろいろと悩んでいる地域の人々の相談相手としての役割も大きく、頼りにされる存在であることもやりがいにつながる。

保健師の就職先・働く場所

就職先として最も多いのは、市町村の保健センターや都道府県・政令市の保健所などの行政関連。この場合、保健師の資格取得に加えて、地方公務員試験に合格することも必要。また、病院勤務の保健師も少なくない。そのほかでは、一般企業に就職して社員の健康管理・指導に携わったり、学校の養護教諭(保健室の先生)として働いたりするケースも。最近では福祉施設などに就職する例も増えている。夜勤などもなく、労働環境が安定しているため、長く働き続ける人が多い仕事。また、資格があればパートや派遣で働くことも可能だ。

  • 保健所
  • 福祉関連相談所
  • 都道府県庁
  • その他行政機関
  • 市町村役所
  • 一般企業

保健師の年収・給料・収入

平均給与 36万6662円/月 ※看護・保健職の給与月額合計  ■総務省「平成24年地方公務員給与実態調査」

保健師の将来の展望

高齢化が進むなか、医療費の増大を抑える目的もあって、今は予防医療に力を入れる傾向が強くなっている。そこで重視されているのが、生活習慣病などの定期検診や健康指導。まさに保健師が求められる分野で、その役割は今後も大きくなっていくと見られている。また、老人介護施設などでも健康の維持・増進の指導や、病院への橋渡し役として保健師のニーズは伸びており、福祉分野への就職も増えそう。ただし、看護師などと比べるともともとの求人数が多い仕事ではないので、その点は注意しておこう。

保健師になるには

保健師の免許を得るには大前提として看護師の資格が必須。そのため、看護師と保健師の両方の資格を目指すことが必要になる。大学の看護学部や4年制の看護系専門学校に設けられている保健師・看護師統合カリキュラムで学べば、4年間で両方の受験資格を得て、同じ年に両方受験することが可能。そのほか、3年制の短大・専門学校で学んで看護師を先に取得し、その後、1年制の保健師養成学校に通うか、4年制大学の保健師養成課程に3年次編入して2年間通って保健師の受験資格を得るルートもある。

保健師の適性・求められる力

保健師として働くためには保健師国家資格が必須。もちろん、試験で問われる公衆衛生看護学、疫学などの専門知識は必須だ。また、多くの人々の健康を「縁の下の力持ち」として支える仕事なので、自分の役割に対してしっかりとした使命感や責任感をもつことも求められる。そのほか、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い層の人々と接する仕事なので、相手に心を開かせるコミュニケーション能力も大切だ。

保健師の学校の選び方

看護師と保健師の2資格をどのように取得するかをしっかり考えてから学校を選ぶことが重要。保健師・看護師統合カリキュラムを導入している大学か4年制専門学校なら、両分野を互いに関連づけて学びながら卒業後のダブル取得を目指せる。また、3年制の短大・専門学校でまず看護師を取得し、その後1年制の保健師養成学校で学ぶステップなら、同時に2つの国家試験を受験する負担を減らすことができる。看護師取得後、大学に3年次編入学する場合は、学ぶ期間は長くなるが、より余裕をもって幅広い知識を身につけることが可能だ。

保健師<国>

地域に密着した、健康管理のアドバイザー

看護師が主に病気の治療をサポートするのに対して、保健師は病気予防の立場から、人々が健康な生活を送れるよう指導を行う。保健所・保健センターなどにおいて、集団検診や母子保健活動、高齢者のケアなどに従事するほか、事業所で働く人々の健康管理なども担っている。看護師の免許(または受験資格)を取得したうえで、保健師養成所などで学ぶ必要があり、医療全般に関する幅広い知識と技術が求められる国家資格だ。

保健師<国>の就職先

保健所・保健センターが主な働き場所。このほか、保健福祉関連施設、医療機関、一般企業・事業所などで働く。

保健師<国>をとるには

保健師<国>の受験資格

保健師国家試験の受験資格は、看護師国家試験に合格した者または看護師国家試験の受験資格を持っている者で、文部科学大臣の指定した学校において1年以上、保健師になるのに必要な学科を修めた者。あるいは厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業した者など。

保健師<国>の合格率・難易度

合格率
88.8%
※2014年2月実施標記試験(第100回)

資格団体

厚生労働省
電話:医政局 医事課 試験免許室03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/
看護師<国>

医療の第一線を支える重要な役割。保健・医療・福祉分野で活躍する

看護師の主な仕事は、医師の指示に基づき、診療の補助をしたり、患者の療養上の世話を行うこと。高度化・専門化する医療体制のなかで、患者と医療スタッフ間のコミュニケーションを円滑にし、患者の心のケアにあたるといった重要な役割も担っている。資格取得には看護学校などで学んだ後、看護師国家試験に合格する必要がある。学校では熱心な指導が行われるため、試験の合格率は高く、取得後の就職率も高い。

看護師<国>の就職先

病院や診療所などの医療機関が主な活動場所。最近では、高齢社会における在宅での看護ニーズが高まり、訪問看護ステーションや地域の保健福祉関連施設などでも、看護師の専門的な知識や経験が求められるようになっている。

看護師<国>をとるには

看護師<国>の受験資格

看護師国家試験の受験資格は、文部科学大臣の指定した学校において3年以上、看護師になるのに必要な学科を修めた者や、厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業した者など。

看護師<国>の合格率・難易度

合格率
89.6%
※2014年3月実施標記試験(第103回)

資格団体

厚生労働省
電話:医政局 医事課 試験免許室03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

保健師に関連する仕事・資格

保健師に関連する学問

保健師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

北里大学保健衛生専門学院 - 「北里」で管理栄養士をめざす!オープンキャンパス開催 - 2017/08/05~2017/08/06 - 新潟県南魚沼市黒土新田500番
岡山医療福祉専門学校 - 【社会人限定】看護学科個別体験型オープンスクール - 2017/08/19 - 岡山県岡山市中区門田屋敷3-5-18
旭川荘厚生専門学院 - オープンキャンパス(児童福祉学科) - 2017/08/05~2017/08/18 - 岡山県岡山市北区祇園866