• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 臨床工学技士
  • やりがいを聞いてみよう
やりたいことを見つけよう!

臨床工学技士のやりがいを聞いてみよう

現代の医療現場では、生命維持管理装置や手術用の機器、人工透析装置などの医療機器が患者さんの生命を守るために大切な役割を担っています。これらの機器を操作したり、保守・点検する臨床工学技士の責任は重大です。その責任の重さに比例してやりがいのある仕事といえます。医療に興味があり、機械やコンピュータを扱うことが好きな人にとっては、仕事を通して最新の医療機器に精通していくことも、やりがいの一つになっています。

命をあずかる責任の重さ

患者さんの命とその後の生活に向き合う仕事で、医療機器の一つの点検ミスや誤操作などのトラブルが人の命にかかわってしまうので、準備や点検の段階から気が抜けない大きな責任を背負っています。その分、仕事の達成感は大きく、それがやりがいにつながっているようです。

チーム医療の一員として

手術室では、医師や看護師らと一緒にチーム医療に参加していることを実感します。緊張感のある手術の現場で、スタッフ全員で集中して業務に励みます。手術の成功が告げられたときは、ミスなくできた安堵感とともに、大いなるやりがいを感じる瞬間だといいます。

最新の医療機器を扱う

医療機器の高度化は、それを扱う臨床工学技士の存在感を高め、機器操作の分野では指導的な役割を担います。裏方としての業務が多いなかで、勉強を怠らず、最新の医療機器を扱うことができたときには、とくにやりがいを感じるといいます。

業務の広さとスキルアップ

人工透析や人工呼吸器など、限られた医療機器を扱うイメージの強い臨床工学技士ですが、実際には、カテーテルやペースメーカー、高気圧酸素室など、操作する機器は意外に多く、自分の得意分野を探すこともできます。さらには、業務をこなしながら、より高度な専門認定士や専門臨床工学技士の認定制度を利用して、さらなるスキルアップができるのも魅力のひとつです。

臨床工学技士に関連する仕事・資格

臨床工学技士に関連する学問

臨床工学技士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路