• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 臨床検査技師
  • 気になる?年収・給料・収入
やりたいことを見つけよう!

臨床検査技師の気になる?年収・給料・収入

臨床検査技師の平均給与は、年収450万円程度。月収では30万円程度で、プラス賞与が2~5カ月。残業代や夜勤手当などが別途。首都圏に比べ地方都市では月収で2万円ほど低くなる傾向があり、勤め先や年数、経験、専門性による差があります。

給与・賞与

統計による平均は約32万円/月 ※臨床検査技師の月額給与 (厚生労働省「平成2015年賃金構造基本統計調査」)
統計によれば、臨床検査技師の平均年齢は38.6歳で、勤続年数は10.6年、労働時間は162時間/月(超過労働11時間/月)、そして給与は31万9200円/月で、賞与が85万300円/年、平均年収は468万700円。

年収の上昇と男女差など

臨床検査技師の年収は、年齢とともに上昇する傾向にあります。例えば、20代前半では年収の平均が320万程度(男女差はわずか)ですが、50代後半の男性は743万円、女性は556万円となっています。なお、男女別の平均年収は男性514万円、女性449万円です(厚生労働省「2015年賃金構造基本統計調査」)。
このように、男性も女性も、年収は年齢とともに上がっていきますが、女性は男性よりも上昇はゆるやかです。ただし、女性は一度仕事をやめ、子育てが終わったあとで復帰するなど、長年勤務する男性とは異なる事情もあると思われます。

職場別の差

統計によれば、臨床検査技師の年収は、勤務先の事業所の規模が1000人以上だと高くなる傾向にあります。10~99人の事業所に勤める臨床検査技師の平均年収は415万円、100~999人規模は431万円、1000人以上規模は540万円(厚生労働省「2015年賃金構造基本統計調査」)で、かなりの差があるようです。
また、病院や検査センター勤務に比べると、医療系企業で働く治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)、アプリケーションスペシャリストのほうが給与は高い傾向があります。

臨床検査技師に関連する記事

  • 病気を見つけるプロフェッショナル「臨床検査技師」

    学校の健康診断でレントゲンを撮ったり、病院で超音波を当てたり、血液を採ったりするなどの検査をしたことがある人も多いのではないだろうか。 これらの検査をして、病気や異常を見つけるためのデータを医師に …

臨床検査技師に関連する学問

臨床検査技師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路