• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 歯科衛生士
  • 仕事内容
歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士の仕事内容

歯科医院においては歯科医師の指示の下、治療のアシスタント業務に携わるほか、歯垢や歯石を取り除いたり、虫歯にならないための薬剤の塗布や歯ブラシの使い方などを患者に指導します。歯の健康を指導する活動は病院内にとどまらず、各地の保健センターや介護・福祉施設、通院できない高齢者のための訪問診療など、高齢化社会に合わせた広がりをみせています。また、歯科医院で使用される治療器具や資材を取り扱う一般企業の営業職で専門知識をもつ即戦力として働いている人もいます。

歯科予防処置

歯と歯茎の健康状態をチェックし、歯科の二大疾患といわれる虫歯と歯周病を予防する措置を歯科医師の指示の下に行っていきます。細菌のかたまりである歯垢(プラーク)や、汚れが石灰化した歯石を取り除き、口の中を清潔に保つスケーリング(クリーニング)をします。また、虫歯の発生と進行を抑えるのに効果的な薬剤(フッ素)の塗布なども行います。

歯科保健指導

患者さんをはじめ幅広い層を対象に、虫歯や歯周病にならないためのケアを指導します。虫歯や歯周病が健康に及ぼす影響を丁寧に説明して、汚れを残さない上手な歯ブラシの使い方、正しい磨き方を指導します。歯の健康は歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアと患者さんのセルフケアの二人三脚が作るので、患者さんにやる気を出してもらう工夫も欠かせません。こうした啓発活動は、院内はもちろん幼稚園や小学校、保健所などでも行うケースがあります。また最近では、いつまでも自分の歯と口で食事を楽しみながら健康を維持してもらうことを目指して、高齢者施設でオーラルケアについて指導する機会も増えています。

歯科治療補助

歯科医師の診療をサポートしながら、指示を受けて治療の一部を担当します。国家資格を必要としない歯科助手は、患者さんの口の中に触れることができません。この点が歯科衛生士の資格の重さを明確に表しています。臨床と呼ばれる治療の現場では、歯科医師とのチームワークで質の高い医療を提供するためのアシスタント能力が求められます。また、不安を抱えた患者さんが安心して治療を受けられるようにコミュニケーションを図ることも歯科衛生士の大切な仕事です。

その他

歯科以外の歯科衛生士の就職先には、歯科関連商品を取り扱う企業での営業職などがあります。歯科衛生士としての知識を生かして、歯科医院への医療機器や資材の紹介や提案を行う仕事です。ただし、一般企業で働くことになるので、歯科衛生士として臨床経験を積む機会は得られなくなります。


取材協力:公益社団法人 日本歯科衛生士会

取材協力
公益社団法人 日本歯科衛生士会

全国のオススメの学校

歯科衛生士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路