• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 歯科衛生士
  • やりがいを聞いてみよう
歯科衛生士のやりがいを聞いてみよう

歯科衛生士のやりがいを聞いてみよう

歯や歯茎にトラブルを抱えた患者さんに適切な処置を施して、元気になって「ありがとう」と感謝された時の充足感は、この仕事を続けていくなかでの大きなモチベーションになるようです。口のトラブルで自信を失って笑えなかった人、食事を楽しめなかった人が、見違えるような笑顔を見せてくれる瞬間こそが、人々の健康をサポートするスペシャリストとしてのやりがいであり、もっと成長したいと思わせる原動力でもあります。

治療を通して患者さんと分かち合える喜び

虫歯や歯周病を克服するには治療と同様に、患者さん自身に頑張って取り組んでもらうセルフケアがとても大切です。そこで、現状を説明するに当たっては、歯の汚れや歯肉の腫れた状態などを見せて、正確に理解してもらえるように努めます。同時に悪化した際のリスクについても丁寧に説明して、ブラッシングやケアにやる気を出してもらいます。こういったことを進めていくと、はじめは半信半疑だった患者さんも、治癒に向かう経過とともに歯科衛生士に信頼を寄せてくれていることを実感してうれしくなるようです。

チームワークで感じる心地よい緊張感

総合病院での歯科衛生士は、一般歯科より幅広い臨床に立ち会う機会にあふれています。手術に伴う全身麻酔の準備段階で感染症予防に行われる口腔ケアも歯科衛生士の仕事です。歯科以外の医師や看護師との連携も頻繁にあり、患者のために質の高い医療を提供しようとする独特の緊張感には大きなやりがいを感じるようです。院外では介護福祉施設への回診に同行することもあり、高齢者に多い肺炎への感染を抑制するために歯科衛生士の保健指導が求められたり、医科歯科連携が積極的に推し進められている現在、活躍の場は多岐にわたります。ミスの許されない仕事だけに、スペシャリストのチームワークに刺激を受けていると、自分もさらにスキルアップしなければと自然と思えるでしょう。

取材協力
公益社団法人 日本歯科衛生士会

全国のオススメの学校

歯科衛生士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路