• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 医療・看護・歯科・薬
  • 薬剤師
  • なるには
薬剤師になるには

薬剤師になるには

薬剤師になるには国家資格が必要です。試験を受けるためには、大学の薬学部で6年間の薬剤師養成課程を修了することが条件になります。薬剤師国家試験は年1回、全国の大都市で開催されます。試験では薬学の専門知識のほかに法規や倫理も問われます。試験に合格して申請すると、厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、薬剤師免許が与えられます。申請が必要なので気をつけましょう。

薬剤師国家試験

大学の薬学部で6年間の薬剤師養成課程を修了した人が対象の試験です。大学の薬学部には、研究者養成を目的とした4年制の薬科学科もあります。しかし、こちらの学科を卒業しても国家試験を受験する資格は得られません。4年制を卒業した場合、その後大学院に進学して2年間、不足科目を履修、または実務経験を経て卒業すると、受験資格が得られます。大学進学を考えるときから薬剤師を目指すのであれば、6年制を選択したほうが結果的に近道になります。
試験は、「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」のほか、「法規・制度・倫理」など薬学に関する幅広い分野から出題されます。

働くには資格が必要

薬剤師として働くにはまず国家試験に合格することが必要です。合格したら、厚生労働省に申請すると薬剤師名簿に登録されたあと、薬剤師免許が与えられます。就職先は、調剤薬局や病院、ドラッグストア、製薬会社などが一般的です。公務員として働くこともできますが、官公庁は人気が高く、競争率も高いので難関です。就職活動は大学6年生のときに行いますが、試験は年に1回しかありません。毎年2~3月に行われる国家試験に合格できないと、内定を取り消されることがあることも覚えておきましょう。目標を見定めて取り組むことが大切です。

取材協力
日本薬剤師会

全国のオススメの学校

薬剤師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路