やりたいことを見つけよう!

臨床心理士

臨床心理士

心の健康回復を支援する

相談者の言動を観察し、心理テストを使って心理や性格判定をする。たとえば、精神病患者の心理検査・判定、不登校や通勤拒否、職場の人間関係や家庭内暴力で悩んでいる人などの援助を行う仕事だ。一般的には、カウンセラー、サイコセラピスト、心理判定員などと呼ばれている。

臨床心理士のやりがい

心に悩みや問題を抱えた人が、自分のアドバイスやサポートによって回復していく姿を見ることが臨床心理士にとっては何よりのよろこび。また、相手に向き合い、さまざまな精神分析手法を用いて問題を解き明かしていくプロセスは、苦労も多いが、臨床心理士だからこそできることという点でやりがいを実感できる。さらに、臨床心理士は自分自身の心と向き合うことも大切。それを通して自分自身の人間的成長を感じることができるのも、臨床心理士ならではの魅力といえるだろう。

臨床心理士の働く場所

臨床心理士の就職先は、医療・保健分野、福祉・教育分野、司法・警察分野、産業分野と非常に幅広い。医療・保健分野では、病院、精神科クリニック、カウンセリングルーム、保健所など。福祉分野では児童相談所や社会福祉施設など。教育分野では小中高校や大学など。司法・警察分野では家庭裁判所や警察署など。産業分野では企業の健康管理室などがあげられる。常勤雇用もあるが、現状では非常勤が多いため、例えばカウンセリングルームで働きながら非常勤でスクールカウンセラーを務めたりするケースもよくある。

  • 病院
  • 児童相談所
  • 一般企業

臨床心理士に求められる力

臨床心理士試験で問われる臨床心理学に関する幅広い専門知識、カウンセリング技法や精神分析技法に精通していることなどは必須条件。本で得た知識だけでは現場では通用しないので、大学・大学院で数多くの実習を重ねて、経験値を高めておくことが大切だ。さらに大前提として、「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という強い思いが必須。悩みや苦しみを抱えた人と向き合う仕事なので、深いコミュニケーションができる能力も求められる。同時に、冷静な観察力や判断力も必要とされる。

臨床心理士になるには

臨床心理士試験を受験するためには、臨床心理士指定大学院(または臨床心理士専門職大学院)を修了する必要がある。まずは大学の臨床心理系の学科に進み、卒業後に指定大学院へというステップが王道だ。なお、指定大学院は心理系学科以外の出身者でも入学することはできるが、大学院での学びをスムーズにするためには、学部で心理学を学んでおくのが理想的だ。指定大学院には1種と2種があり、1種と専門職大学院は修了と同時に受験資格が得られる。修了年度に臨床心理士試験を受験し、合格すれば臨床心理士となる。

臨床心理士の将来展望

現代社会は子どもから大人、さらにお年寄りに至るまでストレス過多が問題となっており、うつ病など、心の病に悩む人たちは増加の一途をたどっている。そのため、心の問題を取り扱う臨床心理士へのニーズは、企業、学校、福祉施設などさまざまな場で高まっている。今後もこの傾向が大きく変わることは考えにくく、臨床心理士の活躍の場は広がっていくと予想される。

臨床心理士の学校選びはココをチェック

臨床心理士を目指すのであれば、大学・短大の心理学科などに進むことになる。その際、チェックしておきたいのはカリキュラムや教員の顔ぶれ。ひとくちに心理学といっても、臨床心理士の仕事に直結する臨床心理学もあれば、実験を中心とした認知心理学などの分野もある。各分野で学派もいくつかに分かれており、大学によって教育内容にも大きな違いがある。臨床心理士に必要な分野、中でも自分の関心のある分野がしっかり学べる大学かどうかをしっかり調べておこう。

臨床心理士

心のさまざまな問題に取り組み、解決へと導く専門家で、資格取得者への評価は高い

ストレスなどの「心の問題」が原因で登校拒否や拒食症などを引き起こし、悩んでいる人たちを助ける仕事。ひとりひとりと向き合い、心理学の技法を用いて問題解決へと導く。資格は(財)日本臨床心理士資格認定協会が認定するもので、資格取得者はハイレベルの知識と技術をもつ「心の専門家」として高く評価される。試験は年1回実施。受験するには協会の指定を受けた指定大学院の修士課程で2年間学び、修了しなければならない。

臨床心理士の就職先

活躍の場は幅広い。病院の精神科や心療内科、児童相談所、刑務所や少年院など司法機関、企業で従業員の悩み相談に応じる相談室、学校内の相談室など。

臨床心理士をとるには

臨床心理士の受験資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会の指定を受けた大学院の修士課程を修了することが必須。指定大学院には第1種と第2種があり、どちらで学んで修了するかによって、「臨床心理士」資格試験の受験資格が異なってくる。第1種指定大学院を修了した者は、実務経験がなくても資格試験を受験できるが、第2種指定大学院の場合は資格試験を受験するためには修了後にさらに1年以上の実務経験が必要。

臨床心理士の合格率・難易度

合格率
59.10%
※2012年度

資格団体

(財)日本臨床心理士資格認定協会
電話:03-3817-0020
URL:http://www.fjcbcp.or.jp/

臨床心理士に関連する記事

臨床心理士に関連する学問

臨床心理士を目指せる学校を探すならリクナビ進学