• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 作業療法士

作業療法士

作業療法士

さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

作業療法士のやりがい

病気や事故によってこれまでできていたことができなくなってしまった人の「生きる力」を取り戻すほか、障がいにより周囲に比べてできることが限られている人の「生きる力」を引き出すお手伝いをするのが、作業療法士の役割。「作業療法」という専門的なスキルを用いて、患者さんができることを一つでも多く増やし、それによって本人や家族の笑顔が見られるようになることが何よりのやりがいのようです。リハビリはすぐに結果が出るものではなく、根気のいる仕事になりますが、だからこそ「できなかったことができるようになった」瞬間のよろこびや感動は、非常に大きなものです。国家資格が必要な職種になるため、医療や介護現場でのニーズも高く、多くの人に求められ、頼りにされる仕事であることもモチベーションにつながるでしょう。

作業療法士の就職先・働く場所

作業療法士が活躍できる職場は、「身体障がい領域」「老年期障がい領域」「精神障がい領域」「発達障がい領域」の4つに分類されます。中でも圧倒的に数が多いのが、「身体障がい領域」を扱う総合病院や整形外科病院、リハビリテーションセンターなどです。また、高齢化に伴って「老年期障がい領域」を扱う特別養護老人ホームや老人デイサービスセンター、訪問リハビリ分野での需要も増えていますし、「精神障がい領域」を扱う精神科病院、「発達障がい領域」を扱う小児病院や児童福祉施設、特別支援学校などもあります。「どんな患者さんのために力を発揮したいか」によってフィットする職場は異なってきますし、リハビリの内容や目的も領域ごとに違いがありますので、まずはそれぞれの特徴を押さえておくことが大切です。

  • 老人福祉施設
  • リハビリセンター
  • 保健所
  • 福祉関連相談所
  • 病院
  • 障害者福祉施設
  • 障害児関連施設

作業療法士の年収・給料・収入

男女計の平均年収は約405万円、月で計算すると基本給で約28万円程度。初任給だけで比較すると他職種よりも高めになっていますが、生涯年収で見ると伸び悩む傾向にあるようです。作業療法士は医療職に分類されますが、看護師や助産師のように夜勤は発生しないため、夜勤手当などの底上げがないのも一つの要因になっています。とはいえ、子育てや介護といった自分のライフステージに合わせて働き方を変えるなど、国家資格を生かしながら柔軟に働くことができる点にメリットを感じている人も多いようです。

作業療法士の将来の展望

医療・福祉の現場でも高齢化が進んでいること、できるだけ自立して生活できるような支援を重視する傾向が強くなっていることから、作業療法士へのニーズや期待も高まっています。とはいえ、人材不足と言われていた以前に比べると作業療法士の数は増えつつあるため、「資格を持っていれば安心」でなくなっている点には注意が必要。これからは、「作業療法士として何ができるか、何をしたいか」を個人として追求することがよりいっそう重要になってくるでしょう。医学は日々進歩していきますし、作業療法はまだまだ未開拓な部分のある分野です。「新しい作業療法の形をみつけたい!」という意志をもって自分らしくチャレンジすることができるという点で魅力的な仕事です。

作業療法士になるには

「作業療法士」として働くためには、国家資格である「作業療法士資格」が必要です。国家試験を受験するためには、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学ばなくてはなりません。養成施設には、4年制大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校があります。

作業療法士の適性・求められる力

医学の基礎知識、作業療法の専門知識はもちろんですが、「目の前にいるこの人を助けたい」という熱意や、会話やちょっとした動作から患者さんの心身の状態や気持ちを汲み取ることができるコミュニケーション力&繊細さが必要になる仕事です。また、リハビリはすぐに結果が出るものではありませんし、なかなか心を開いてくれない患者さんも中にはいますので、それでも根気よく向き合える忍耐強さも不可欠です。作業療法には趣味や娯楽要素の強い活動も多く含まれますので、一緒になって楽しむ姿勢や遊び心があると、患者さんとの絆が深まり、リハビリにもいい影響が出るかもしれません。

作業療法士の学校の選び方

「作業療法士国家試験」の受験資格を得るためには、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成施設(3年以上)を卒業する必要があります。4年制の大学・専門学校、3年制の短大・専門学校が選択肢になりますが、じっくり時間をかけてより専門的な知識を習得したいなら4年制の学校、できるだけ早く現場に出ることを目指すなら3年制の学校が候補になるでしょう。また、大学や短大は語学などの一般教養がカリキュラムに含まれている一方、専門学校は「作業療法士として働くために必要な知識とスキル」に特化している場合が多いので、将来どんなタイプの作業療法士になりたいかをイメージしながら学校を選ぶことをおすすめします。

作業療法士<国>

各種作業を通して社会適応能力の回復をはかるリハビリテーション医療の資格

身体や精神に障害を持った人に対して、陶芸、園芸、手芸、工芸などの作業を通じて、心身の障害を回復に導く仕事。理学療法よりメンタルな要素が強く、日常生活の維持や社会適応能力を育てることが目標になる。リハビリテーション医学において重要な役割を担うため、理学療法士とともにそのニーズは増加傾向にあり、また、障害を持っている人の社会復帰に貢献するやりがいのある仕事でもある。厚生労働大臣認定の国家資格。

作業療法士<国>の就職先

病院やリハビリテーションセンター、各種福祉施設で理学療法士らとチームを組んで治療に当たる場合が多い。精神科の病棟で活躍するケースも少なくない。

作業療法士<国>をとるには

作業療法士<国>の受験資格

作業療法士国家試験の受験資格は、大学入学資格があり、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の作業療法士養成施設において3年以上、作業療法士として必要な知識および技能を修得した者など。

作業療法士<国>の合格率・難易度

合格率
86.6%
※2014年2月実施(第49回)

資格団体

厚生労働省
電話:医政局 医事課 試験免許室03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/
  • 大学の資料請求、専門学校のパンフ、願書取り寄せ

作業療法士に関連する記事

  • “好きな作業”を通して患者さんを元気にする「作業療法士」

    医療現場において“リハビリの専門家”として患者さんと接する「作業療法士」。 立つ、歩くといった基本動作のリハビリを行う「理学療法士」とは異なり、「作業療法士」は食事や入浴などの日常生活に必要な動作や、料理、編み物といった趣味に関わる“作業”のリハビリを行う。患者さんが“楽しく生活できるように心も …

  • 患者さんのリハビリをサポートする心強い味方「理学療法士」

    病気やケガなどの回復を目指してリハビリテーションを行う患者さんの横で、寄り添いながら歩く練習をサポートする。時には電気や光線などを使って回復を促す。それが「理学療法士」の仕事。 理学療法士は、病気、ケガ、高齢、障害などで運動機能が低下した人に対して、基本動作ができるようにサポートする職業で、国家 …

作業療法士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

アール医療福祉専門学校 - 【春のオープンキャンパス情報】病院の受付:医療秘書学科☆ - 2017/07/30~2017/08/06 - 茨城県土浦市湖北2-10-35
福岡天神医療リハビリ専門学校 - 作業療法士を目指している方へ - 2017/07/30~2017/08/20 - 福岡県福岡市中央区渡辺通4丁目3-7
福岡リハビリテーション専門学校 - 「もっと知りたい、もっと感じたい」福リハのオープンキャンパス - 2017/07/30~2017/08/20 - 福岡県福岡市博多区博多駅前3-29-17