やりたいことを見つけよう!

理学療法士

理学療法士

運動やマッサージで機能回復させるリハビリの専門家

運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

理学療法士のやりがい

リハビリをサポートした患者さんの身体機能が回復していくことが、理学療法士にとっての一番のよろこび。患者さんにとってけがや病気で損なわれた身体機能を取り戻すことはその後の人生にもかかわる問題だ。だからこそ理学療法士の責任は重いが、それだけ患者さんや家族から頼りにされる存在でもある。「人の役に立ちたい」という気持ちが強く、誰かを支える役割にやりがいを感じる人にとっては、充実感を得られる仕事といえる。

理学療法士の働く場所

主な就職先は、病院、診療所、高齢者福祉施設など。そのほか、通院が難しいお年寄りなどを対象にサービスを提供する訪問リハビリテーション事業所も理学療法士の就職先の一つ。児童福祉施設や障害者福祉施設でもニーズあり。それぞれの職場で、医師やケアマネジャーなど他の専門家と連携して働くのが一般的だ。また、医療系・福祉系の就職先と比較すると数は多くないものの、フィットネスクラブやスポーツチームなどで活躍する例もある。

  • 障害児関連施設
  • 障害者福祉施設
  • 病院
  • 福祉関連相談所
  • 保健所
  • リハビリセンター
  • 老人福祉施設

理学療法士に求められる力

理学療法士として働くためには国家資格取得が必須。また患者さんが抱える問題やその原因は千差万別。そのため、一人ひとりに適切なリハビリ方法を提案していくためには、基礎として人の身体やリハビリテーション医学に関する幅広く正確な知識が必須となる。学校でしっかりと学んでおきたい部分だ。症状が同じでも同じやり方が適切とは限らないので、判断力や応用力も大切。また、患者さんの体を支えたり、動かしたりするので一定以上の体力も必要。もちろん、人を思いやる気持ちも不可欠な仕事だ。

理学療法士の年収

平均給与 27万6800円/月 ※年間賞与その他特別給与額62万500円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

理学療法士になるには

理学療法士の国家試験を受験するには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学ぶことが必要になる。養成施設には4年制の大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校がある。これらの学校で、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学などを講義と実習を通して学ぶ。試験の合格率は例年80~90%台だが、70%台に落ちた年もあるので注意。

理学療法士の将来展望

高齢化の進展に伴い、リハビリを必要とするお年寄りが増加。介護が必要な状態にいたる前に身体機能の低下を防ぐ予防リハビリ、さらに訪問リハビリなども広がってきており、理学療法士へのニーズは増えている。スポーツ分野でも、理学療法の手法を取り入れたケガの応急処置やコンディショニングに目を向けるチームや選手が徐々に増えており、理学療法士の新たな活躍の舞台として期待されている。一方で理学療法士の数も増えているので、仕事を得るには確かな知識・技術を身につけることが大切だ。

理学療法士の学校選びはココをチェック

4年制と3年制のどちらを選ぶかがポイントになる。4年制の大学・専門学校の場合、1年期間が長い分、ゆとりをもって学ぶことが可能。また、国家試験に必要なカリキュラム以外にも幅広い領域について学ぶことができる。3年制の短大・専門学校は、4年制より早く社会に出られること、1年少ない分、学費の総額が安く収まることなどがメリットだ。また、理学療法の分野では研究者のニーズもあるため、将来的に大学院を目指すつもりなら4年制が望ましい。4年制専門学校でも大学院入学資格を得ることは可能だ。

理学療法士<国>

運動療法や物理療法で運動機能の回復をはかり、患者の社会復帰に貢献する

病気やケガのために不自由になった患者の基本的な運動機能を回復させる仕事。具体的には医師の指導のもと、歩行や車椅子の訓練、治療体操などの運動療法や、電気療法、マッサージ療法などを行う。リハビリテーション医療において重要な役割を担うため、作業療法士とともにそのニーズは増加傾向にあり、また、障害を持っている人の社会復帰に貢献するやりがいのある仕事でもある。厚生労働大臣認定の国家資格。

理学療法士<国>の就職先

病院やリハビリテーションセンター、各種福祉施設などで患者の社会復帰に大きく貢献する。

理学療法士<国>をとるには

理学療法士<国>の受験資格

大学入学資格があり、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の理学療法士養成施設において3年以上、理学療法士として必要な知識および技能を修得した者など。

理学療法士<国>の合格率・難易度

合格率
88.70%
※2013年2月実施分

資格団体

厚生労働省
電話:医政局 医事課 試験免許室03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/

理学療法士に関連する記事

理学療法士に関連する仕事・資格

理学療法士を目指せる学校を探すならリクナビ進学