• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 精神対話士

精神対話士

精神対話士

対話を通して心のケアを行う専門職として、資格取得者への信頼は厚い

社会に適応できず挫折感を持っている青少年、孤独な高齢者、介護疲れを感じている人など、心の励ましが必要な人が増えている。こうした人たちと真心を込めた対話をすることで心を癒し、希望を見つける手助けをするのが精神対話士。メンタルケア協会が認定する資格で養成講座で修得した知識や適性などを評価する選考試験(地域により年1、2回)に合格すると取得できる。養成講座の基礎課程と実践課程を経て選考試験合格まで約6カ月。

精神対話士の就職先

資格取得者は、メンタルケア協会から精神対話士としてクライアント(対話相手)へ派遣される。派遣先は個人宅、病院、学校、高齢者施設など。原則として週に1回、同じ曜日の同じ時間に訪問し、80分間の対話を行う。ボランティアではなくプロの専門職として、クライアントから厚い信頼を得ている。

精神対話士をとるには

精神対話士の受験資格

精神対話士になるには、 「精神対話士選考試験」という試験に合格する必要がありますが、その「精神対話士選考試験」を受験できる対象者は、メンタルケア・スペシャリスト養成講座の基礎課程・実践課程の修了者のみ。メンタルケア・スペシャリスト養成講座の基礎課程は、誰でも受講可。

精神対話士の合格率・難易度

合格率
約15%
※過去平均

資格団体

(財)メンタルケア協会
電話:03-3405-7282
URL:http://www.mental-care.jp/
精神対話士を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

精神対話士に関連する学問

精神対話士を目指せる学校を探すならリクナビ進学