• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツインストラクター
  • 学校の選び方
やりたいことを見つけよう!

スポーツインストラクターの学校の選び方

スポーツインストラクターを目指す際の進学先としては、大学・短大の体育・スポーツ・健康系の学部・学科・専攻、または専門学校のスポーツインストラクター科、スポーツトレーナー科などが代表的です。大学は、スポーツマネジメントなども含めて幅広い知識が学べるので、例えば、現場での指導だけでなく経営にも関心がある人はその観点でカリキュラムをチェックするといいでしょう。一方、専門学校は現役のプロから実践的な指導スキルを学べる点が大きな特色。講師陣や実習内容などが比較検討のポイントです。

大学・短大

スポーツインストラクターに関連があるのは体育・スポーツ・健康系の学部・学科・専攻です。最近は、スポーツマネジメントなど、スポーツ・健康分野のビジネスや社会政策に関する教育に力を入れる大学も増えてきています。卒業後の進路も体育教師以外に、スポーツ・健康関連の民間企業や、教員以外の公務員など多彩に。もちろんスポーツインストラクターもそのうちの一つです。学校によって違いはありますが、大学・短大では、人の体のしくみや機能、運動やトレーニングに関する科学的な分析、トレーニングや競技の指導、さらには経営的な知識まで幅広く体系的に学べることがポイント。スポーツインストラクターだけでなく、施設の運営や経営をする仕事まで視野に入れている人は、そこがしっかり学べる学校を選ぶというのも重要な視点の一つでしょう。また、スポーツに関連する仕事に関心はあっても具体的な職種までは絞り切れていない場合、大学で知識を広げながら、職種を決めていくという考え方もあります。カリキュラムのほか、取得できる資格などもチェックポイントです。

専門学校

専門学校のスポーツインストラクター科、スポーツトレーナー科などは、スポーツインストラクターという仕事に直結する進学先です。専門学校で学ぶメリットの一つは、フィットネスクラブなどで指導している現役のプロから最新の知識や指導技術を学ぶことができるところでしょう。トレーニングやダイエットに関しては常に新しい動きがあるので、現場のニーズに合った知識・スキルを習得できるのは大きなポイント。そのため、講師陣の顔ぶれやキャリアなどはしっかりチェックしておきたいところです。また、地域の人たちに実際に指導する実習や、フィットネスクラブでのインターンシップなど、現場での指導を経験する機会を豊富に設けている学校も。就職前にどれだけ実践経験を積むことができるかも、よく調べておきましょう。

スポーツインストラクターに関連する記事

スポーツインストラクターに関連する学問

スポーツインストラクターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路