• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツインストラクター
  • なるには
スポーツインストラクターになるには

スポーツインストラクターになるには

トレーニングに関する専門的な知識や実践的な指導スキルが求められる仕事なので、専門学校のスポーツインストラクター科やスポーツトレーナー科、大学の体育・スポーツ・健康系の学部などで必要なことを学んで卒業し、フィットネスクラブやスポーツクラブなどに就職するステップが一般的です。トレーニング指導に必要な知識が身につく健康運動実践指導者などの資格は、必須ではないものの取得しておくとベター。正社員として就職する以外に、アルバイトや契約社員として働き始める道もあります。

高校でスポーツに親しむ

高校時代から部活動などを通してスポーツに親しみ、体を作っておくと、将来スポーツインストラクターとして仕事をするうえでの基礎となります。ただし、特に大会での成績などが問われるわけではありません。それよりも、弱点を克服するために自分で考えながらトレーニングをした経験や、後輩を指導した経験、スポーツの楽しさを味わった経験がその後につながっていくのです。スポーツインストラクターは、どんなスポーツにも共通する基礎的な体作りの指導をするので、経験する競技は何でも構いません。一つの競技を長く続けてきたインストラクターももちろん多いですが、中学、高校と違った競技を経験していることもむしろプラスに働きます。

大学や専門学校でスキルや資格を身につけて就職

フィットネスクラブやスポーツクラブに就職するためには、特定の学歴が必須とされることはありません。ただし、人の体や健康、トレーニングに関する理論、それに基づいた指導技術などが求められる仕事なので、専門学校のスポーツインストラクター科やスポーツトレーナー科、または大学の体育・スポーツ・健康系の学部で必要なことを学んでから就職するステップが一般的です。

関連資格を取得していると有利

フィットネスクラブなどのスポーツインストラクターは資格が必須とされる仕事ではありませんが、健康運動実践指導者やNSCA認定パーソナルトレーナーなどの資格があると就職の際に有利。また、ヨガ、水泳などは該当する種目のインストラクター資格が求められることがあります。そのため、自分がなりたいスポーツインストラクター像に合わせて、学校で学んでいる段階で、必要な資格を取得しておくとベターです。

アルバイトで働き始める道も

正社員として就職する以外に、アルバイトや契約社員として働くことも可能です。未経験からアルバイトで働き始め、アシスタントとして経験を積みながら専門的なことを勉強してスポーツインストラクターへとステップアップを目指す道もあります。

全国のオススメの学校

スポーツインストラクターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路