やりたいことを見つけよう!

体育教師

体育教師

授業や課外活動でスポーツの指導をする

児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

体育教師のやりがい

運動が得意な児童・生徒から苦手な児童・生徒まで、それぞれが自分のレベルに応じてスポーツを楽しみ、上達できるよう指導するのが体育教師の仕事。なかでも運動が苦手な生徒が自分の指導を通して少しでも上達したり、やる気になったりしたときがやりがいを感じる瞬間だ。部活動の指導を担当する場合は、チームや個々の選手が成長し、試合などで結果を出すことがやりがいになる。また、自分自身が日々身体を動かしながら指導することも、スポーツ好きにとっては大きな魅力。

体育教師の働く場所

体育と保健の授業を専門的に担当する体育教師として働くなら、就職先は中学校・高校。大学などで体育を専門に学んで小学校の教員になる場合もあるが、小学校では体育を含む全教科を担当するのが一般的。ただし、数は少ないが、地域によっては体育専科教員を置いている小学校もある。また、中高の体育教師は何らかの部活動の顧問を務めることが多く、日々、児童・生徒と一緒に身体を動かしながら過ごす。

  • スクール
  • 学校

体育教師に求められる力

スポーツが好きなことと健康な身体は必須条件。学生時代を通して、部活動などで選手としてスポーツに取り組んだ経験も大切になる。また、さまざまなトレーニング方法に関する専門知識や指導技術、人間の身体のしくみ・運動機能に関する知識、ケガの防止策や応急処置の知識・技術なども求められる。これらは大学の体育系の学科などで学ぶことが可能だ。もちろん子どもが好きなこと、人にものを教えるのが好きなことも大切な要素だ。

体育教師の年収

平均給与43万900円/月 ※年間賞与その他特別給与額172万6100円 ※上記は高等学校教員全体のデータ ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

体育教師になるには

体育教師になるには教員免許を取得する必要がある。中学・高校の体育教師を目指すなら、大学で中学校教諭一種免許状(保健体育)または高等学校教諭一種免許状(保健体育)、短大で中学校教諭二種免許状(保健体育)を取得する道がある。小学校の教員を目指す場合は、教育学部の体育系コース、体育大学・短大の児童教育系学科・コースなどで学んで、小学校教諭一種・二種免許状を取得する。その後、自治体が実施する教員採用試験を受験し、合格すると体育教師になることができる。

体育教師の将来展望

スポーツや健康に対する社会的な関心が高まっているなか、児童・生徒にスポーツの楽しさや健康な身体作りを指導する体育教師の役割は大きくなってきている。少子化が進んではいるが、最近は小学校に体育専科教員を置くケースも少しずつではあるが増えており、体育教師へのニーズが急激に減少することは考えにくい。一方で、スポーツ・健康指導に関するより高度な専門性や理論が求められる流れは、今後さらに強くなっていくとみられている。

体育教師の学校選びはココをチェック

体育教育に関する専門性を高めたいなら、大学・短大のスポーツ・健康系の学科や体育大学・短大、大学の教育学部の体育系コースなどが候補になる。ただし、進学する校種や学科によって取得できる免許は異なる。そのため、小中高のうちどの学校で教えたいのか、体育だけを専門で教えるのか、小学校で全教科教えるのかなど、就職後のイメージを明確にしてから、該当する学校・学科を選ぼう。

体育教師に関連する学問

体育教師を目指せる学校を探すならリクナビ進学