• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • ライフセーバー

ライフセーバー

ライフセーバー

海やプールでの事故防止に努め、救助活動に貢献する

海水浴、釣り、サーフィン、磯遊び…。楽しいはずのレジャーの中で、ちょっとした不注意や油断によって引き起こされる事故で、命を落としたり行方不明になってしまうケースがある。ライフセーバーは、水辺の事故をなくすことを目的に活動を行い、事故を未然に防ぐための監視や指導、おぼれた人の救助などを行う。また、ライフセービングを広く一般に普及させる役割も担っている。

ライフセーバーの就職先

検定に合格すると、JLAから認定証が発行される。資格取得後、各地のライフセービングクラブに入会すれば、活動ができる。講習会受講生は大学生が多く、男女比は6:4。社会貢献を目指して受講する人が多く、ボランティアで活動する人もいる。

ライフセーバーをとるには

ライフセーバーの受験資格

資格は次の6系統ある。(1)BLS(1次救命処置) (2)ウォーターセーフティー (3)プールライフガーディング (4)サーフライフセービング (5)IRB(船外機付き救助用ゴムボート)(6)ジュニアリーダー。BLS(1次救命処置)とウォーターセーフティーの基礎資格を取得後それぞれの系統に分かれることになる。

ライフセーバーの合格率・難易度

合格率
90%以上
※2013年度

資格団体

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会(JLA)
電話:03-3459-1445
URL:http://www.jla.gr.jp
ライフセーバーを目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

ライフセーバーに関連する学問

ライフセーバーを目指せる学校を探すならリクナビ進学