• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • 公認スポーツ指導者

公認スポーツ指導者

公認スポーツ指導者

子どもにもお年寄りにも、スポーツに関する適切なアドバイスをする役割

スポーツ医学・スポーツ科学の知識を活かして、スポーツを安全に正しく指導し、スポーツの本質的な楽しさや、すばらしさを伝える役割を担う資格。資格には、すべての資格の基礎となる「スポーツリーダー」と、6つの競技別指導者資格、3つのフィットネス系資格、3つのメディカル・コンディショニング資格、2つのマネジメント資格がある(※ただし、フィットネストレーナーは新規養成を行っていない)。

公認スポーツ指導者の就職先

競技別資格には、陸上競技、水泳、スキー、テニス、ボート、バレーボール、体操、バスケットボール、レスリング、セーリング、ハンドボール、自転車、ソフトテニス、卓球、馬術、ソフトボール、バドミントン、弓道などがある。「教師」「上級教師」の資格を取得すると、スポーツ指導を職業とし、主に商業施設などで働くこともできる。競技は、水泳、スキー、テニス、スケート、ボウリング、エアロビック、ゴルフの7競技。取得者の多くは、民間のスポーツクラブやフィットネスクラブなどに勤めることになる。

公認スポーツ指導者をとるには

公認スポーツ指導者の受験資格

資格を取得するためには、いずれも養成講習会を履修する必要がある。受講できるのは、満18歳以上(一部の資格除く)。ただし、競技団体などの推薦や、日本体育協会の承認が必要な競技・資格もある。講習は、全ての指導者が共通して学ぶ内容として行う「共通科目」と、各資格特性に応じた講習を行う「専門科目」があり、集合講習や通信講習の形態で行われる。講習時間や受講料、受講申込先・申込受付期間は、受講資格・競技によって異なる。講習修了後、それぞれの科目で行われる検定に合格し、登録すれば資格認定される。

公認スポーツ指導者の合格率・難易度

合格率
約90%
※累計平均

資格団体

(財)日本体育協会
電話:03-3481-2226
URL:http://www.japan-sports.or.jp/
公認スポーツ指導者を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

公認スポーツ指導者に関連する学問

公認スポーツ指導者を目指せる学校を探すならリクナビ進学