• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • スポーツプログラマー

スポーツプログラマー

スポーツプログラマー

さまざまな人たちが、目的に応じて適切にスポーツ活動ができるようにアドバイスする

(財)日本体育協会および加盟団体が認定する公認スポーツ指導者の資格のひとつ。主に地域で、さまざまな年齢や性別の人が、適切なスポーツをできるように、相談や指導、助言をするのが役割。

スポーツプログラマーの就職先

地域のスポーツクラブや地域の公共施設、民間の商業スポーツ施設などで活躍できる。

スポーツプログラマーをとるには

スポーツプログラマーの受験資格

資格を取得するためには、養成講習会を履修する必要がある。受講できるのは、受講する年の4月1日現在、満20歳以上。講習は、すべてのスポーツ指導者が共通して学ぶ内容として行う「共通科目」を70時間(集合講習28時間、通信講習42時間)と「専門科目」(集合講習)63時間。専門科目の内容は、運動と健康、フィットネス・エクササイズの理論と実際、体力測定と効果、スポーツ相談の実際など。

スポーツプログラマーの合格率・難易度

合格率
約90%
※2013年度

資格団体

(公財)日本体育協会
電話:03-3481-2226
URL:http://www.japan-sports.or.jp/
スポーツプログラマーを目指せる資格

スポーツプログラマーに関連する学問

スポーツプログラマーを目指せる学校を探すならリクナビ進学