• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 健康・スポーツ
  • 障がい者スポーツ指導員

障がい者スポーツ指導員

障がい者スポーツ指導員

障がいのある人たちが体を鍛えたり、スポーツを楽しむことができるように指導する

健康や安全管理に配慮した指導を行い、スポーツの喜びや楽しさを伝える指導員として、地域における大会や教室など、スポーツ現場におけるサポートを行うための知識や技能を学ぶ。公認障がい者スポーツ指導員資格には、初級・中級・上級指導員があり、経験を積みカリキュラムを履修することでステップアップすることができる。

障がい者スポーツ指導員の就職先

地域における障がい者スポーツ大会やイベント、障がい者スポーツ協会主催の教室や大会などで、介助、ボランティア、指導などの活動ができる。

障がい者スポーツ指導員をとるには

障がい者スポーツ指導員の受験資格

資格を取得するためには、認定校において所定の単位を取得するか、各地域の関係団体や日本障がい者スポーツ協会が主催する養成講習会を受講する必要がある。認定校には、初級認定校、中級認定校があり、それぞれ所定の科目の単位取得、中級取得には加えて在学中に障がい者スポーツの活動実績を積む必要がある。養成講習会における受講資格は、初級は18歳以上。中級は、初級取得から2年以上経過し、かつ80時間以上の障がい者スポーツ活動実績が必要。上級は、中級の取得から3年以上経過し、かつ120時間以上の活動実績が必要。なお、中級には、理学療法士対象や日本体育協会公認指導者対象の講習会もある。

障がい者スポーツ指導員の合格率・難易度

合格率

※資格取得のための試験はない

資格団体

(公財)日本障がい者スポーツ協会
電話:03-5695-5420
URL:http://www.jsad.or.jp/training/index.html
障がい者スポーツ指導員を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

障がい者スポーツ指導員に関連する学問

障がい者スポーツ指導員を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路