• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 調理師

調理師

調理師

自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

調理師のやりがい

おいしいと言われる料理作りを目指します。そのために日々、探求心・向上心をもって料理に向き合うことで、知識や技術が向上し、自分自身の成長につなげることができます。また、提供した料理や気配りのある接客に満足して、お客さまから「おいしい」「ありがとう、ごちそうさま」という言葉とともに笑顔をもらえた時は、特にやりがいを感じるでしょう。

調理師の就職先・働く場所

調理師が働く職場は町中で見かける和洋中などの料理店やレストラン、寿司・そば・うどんなどの専門料理店にホテル、介護施設・病院、保育園・幼稚園や小中学校などがあります。職場により働き方や求められる調理技術などが異なります。下積みや長い修業期間を経ても、その道の第一人者になりたいのか、高度な調理技術は必要なくても、マイペースで働ける職場がいいのか、自分の性格や目標に応じた職場を選ぶのが、長続きするポイントでもあります。

  • 老人福祉施設
  • レストラン
  • ホテル
  • 保育園
  • 病院
  • 大使館
  • 障害者福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 結婚式場
  • 基地
  • 一般企業

調理師の年収・給料・収入

調理師の仕事は、経験年数が経ち、知識と技術を身につけていくことで、給料が上がっていきます。ほかの人よりも早くステップアップするために、自分に与えられた仕事を的確にこなし、次の新たな仕事をもらえるように、常に向上心をもつことが大切です。そうすることで、若いうちから実力次第で、管理職やシェフになれる可能性があります。調理師の給料は幅が広いのですが、高い給料をもらえるようになるには、あくまで各自の実力次第ということになります。

調理師の将来の展望

多くの調理師が働く外食産業は景気に左右されやすく、金融危機、人口の減少や高齢化、などにより低迷していましたが、依然として約25兆円という巨大な市場規模を維持しています(一般社団法人日本フードサービス協会)。またここ数年は、景気回復への期待や外国人観光客の増加などにより市場規模はわずかですが、増加傾向にあります。外食産業に欠かせない調理師は、今後も必要とされていくでしょう。また、ユネスコの無形文化遺産に登録された和食には、世界的にも注目が集まっており、和食分野の若手調理師への期待も高まっています。最近では、食べることや食事の大切さを子どもたちに伝える、食育の担い手としての役割も増えています。

調理師になるには

まずは料理の世界で働きたいという強い思いが必要です。また、料理を作って提供することは、調理師資格がなくても誰でもできます。料理を仕事にする際、調理師資格は絶対に取得しなければならない資格ではありません。ただし、調理師を名乗って働くということは、衛生管理などについての知識や技術があると認められていることになるので、お客さまへの安心・安全のためにも、国家資格である調理師資格を取得するといいでしょう。調理師資格取得には、調理師養成施設で学ぶ方法が主流になっています。

調理師の適性・求められる力

調理師に求められるのは、おいしくて質の高い料理を作ることです。確かな調理技術、食材に関する知識は基本です。それらを元にして料理を仕上げるには、味覚に敏感な舌が必須です。求める味にするにはどうすればよいか、それを決めるのは調理師の舌にかかっています。また、調理師として成長していくためには、定番料理の味は守りつつ、お客さまに飽きられないような新作料理を生み出す向上心や創造力が必要になります。

調理師の学校の選び方

調理師資格取得の方法の一つが、厚生労働省が指定する調理師養成施設で学び、卒業することです。調理師養成施設には、短大・大学、専門学校などがあります。調理師というと、料理がうまく作れる技術があればいいと思われがちですが、実際には栄養学・食品学・衛生法規など調理にまつわる周辺の多くの分野の知識が必要になります。幅広い知識を学ぶためにも、調理師養成施設で学ぶことは大いに役立ちます。

調理師<国>

取得者300万人以上のポピュラーな資格。料理が作られるあらゆる所に活躍の場がある

調理師の名称を用いて調理の仕事ができる者として、都道府県知事の免許を受けた者を調理師という。調理の仕事につくには、必ずしも調理師の資格がなくても可能だが、やはりあったほうが有利な資格。しかし、あくまでもスタートラインで、現場に立ってからが本当の修業になる。

調理師<国>の就職先

日本料理、西洋料理、中華料理などの飲食店、企業や病院などの給食、食品関係企業の開発部門など、料理が作られるあらゆるところに活躍の場がある。実力をつければ、一流のレストランや料亭でトップに立ったり、独立して飲食店のオーナーになることも可能だ。

調理師<国>をとるには

調理師<国>の受験資格

厚生労働大臣指定の養成施設で学ぶ(昼間1年、夜間1年半)方法と、都道府県知事が行う調理師試験に合格する方法の2つがある。調理師試験は、中学校を卒業した者と同等以上の学力を有する者で、飲食店などで2年以上調理業務に従事した者が受験できる。試験科目は、食文化概論、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論の6科目。

調理師<国>の合格率・難易度

合格率
61.0%
※2015年度

資格団体

各都道府県の衛生主管課
電話:-
URL:-
専門調理師・調理技能士<国>

調理作業に必要な技術技能や広い知識が試される

専門調理師・調理技能士とは、(公社)調理技術技能センターが実施する調理技術技能評価試験に合格した者に与えられる国家資格。調理の技術技能だけでなく、食品衛生や公衆衛生、材料や栄養などに関する広い知識が求められる。

専門調理師・調理技能士<国>の就職先

レストラン、日本料理店、中華料理店、ホテル、そのほか飲食関係の企業。また、調理師学校の教員資格も与えられるので、調理師養成の道もある。

専門調理師・調理技能士<国>をとるには

専門調理師・調理技能士<国>の受験資格

調理の実務経験年数8年以上(厚生労働大臣指定の調理師養成施設で1年以上調理に関する学科を修めた者は6年以上)で、そのうち調理師免許を有している期間が3年以上ある者。試験は、(前期)すし料理、中国料理、給食用特殊料理、(後期)日本料理、西洋料理、麺料理。実技試験と学科試験がある。学科試験の内容は、調理一般、調理法、材料、食品衛生、公衆衛生、食品、栄養、関係法規および安全衛生。

専門調理師・調理技能士<国>の合格率・難易度

合格率
58.0%
※2015年度

資格団体

厚生労働大臣指定試験期間/(公社)調理技術技能センター
電話:03-3667-1867
URL:http://www.chouri-ggc.or.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

調理師に関連する学問

調理師に関連する記事

  • 高校生で起業ってアリ?

    世界屈指の大富豪であるビル・ゲイツが、高校在学中に起業したというのは、けっこう有名なエピソード。やはり才能のある人は、若いころから周りの一歩先を進んでいるよう。 アメリカと比べると、日本で高校生が起業する環境はまだまだ整っていない。だけど、校則の厳しかった私立高校から都立高校に転校してまで、起業 …

  • 「おいしい」を自在に表現!世界を舞台にする調理師のお仕事

    「自分の腕と技術で勝負できる仕事に就きたい」。 和食創作料亭で料理長を務める金野伸也さん(27歳)は、進路で悩んでいた高校時代、「衣、食、住に関係する仕事に就きなさい」と担任の先生からアドバイスを受けたときに、「食なら自分に合っている」と思い調理師になることを決めた。 一見、華やかに見える調 …

調理師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

山手調理製菓専門学校 - 生パスタを作る!西洋料理体験 - 2017/04/08 - 東京都渋谷区円山町28-5
華調理製菓専門学校 - オープンキャンパス 2018年入学希望者対象 - 2017/04/23 - 東京都台東区根岸1-1-12
シェフパティシエ専門学校 - ★調理師体験しよう♪シェパのオープンキャンパス★ +コピー - 2017/04/15~2017/04/22 - 新潟県新潟市中央区笹口2-9-1