• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 調理師

調理師

調理師

「腕」だけでなく美的センスや経営センスも必要

味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

調理師のやりがい

調理師がやりがいを感じるのは、やはり料理を食べた人たちの笑顔や「おいしい!」の一言。また、自分の技術がものをいう世界なので、修業を重ねるなかで、自分が理想とする味に到達したり、今まで作ることができなかった料理を作ることができたりしたときも職人として達成感を感じる瞬間。独立志向が強い人にとっては、自分の店をもつことができたときのよろこびも大きい。

調理師の就職先・働く場所

就職先はレストランやホテル、各種飲食店などさまざま。病院や福祉施設などで働く調理師も多い。そのほか、結婚式場や客船、企業の社員食堂や大学の学生食堂など、食事を提供する施設や店ならどこでも活躍できる。大きなレストランやホテルなどでは多数の料理人が所属しており、分業制で仕事を進める。個人で営業している小さな店舗なら、仕込みから全メニューの調理まで1~2人でこなす場合も多い。

  • 老人福祉施設
  • レストラン
  • ホテル
  • 保育園
  • 病院
  • 大使館
  • 障害者福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 結婚式場
  • 基地
  • 一般企業

調理師の年収・給料・収入

平均給与 24万8000円/月 ※年間賞与その他特別給与額31万3800円   ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

調理師の将来の展望

競争の厳しい業界ではあるが、共働き家庭の増加などで外食依存度が高まっているなか、今後急速に外食産業が縮小することはなさそう。調理師へのニーズが大幅に減ることも考えにくい。ただし、働き口はあっても、収入を増やしていけるかどうかは技術や才覚次第。腕を磨いて一流店でキャリアアップしていくか、自分の店を開いて人気店にしていくか、切磋琢磨をしながらしっかり将来設計をすることが大切になる。

調理師になるには

調理師免許がなくても飲食店などで調理業務を行うことはできる。ただし、就職の際に調理師免許が求められたり、もっていると有利だったりすることが多いため、本格的に料理人を志すなら調理師免許取得を目指すのが一般的なステップ。調理師養成施設に認定されている専門学校やスクール、または短大の別科で1年以上学んで卒業すると調理師免許が取得できる。そのほか、飲食店などで2年以上の調理業務経験を重ねると、調理師国家試験の受験資格を得ることができる。

調理師の適性・求められる力

料理や食べることが好きなことは大前提。それに加えて、おいしさを追究する探究心、魅力的な盛り付けや新作料理を考え出す創造力なども大切になる。また、若手時代は下働き中心の厳しい修業が当たり前で、ジャンルにもよるが一人前になるまでには10年かかるともいわれる世界。そのため、根気強さ、粘り強さも求められる。また、立ち仕事なうえ、重い鍋などを扱うこともあって体力も重要な仕事。調理師志望なら高校時代からしっかり体を鍛えておこう。

調理師の学校の選び方

調理師免許取得を目指すのであれば、調理師養成施設の認定校かどうかがチェックポイント。また、養成施設には2年制課程のほか、1年制課程もある。どちらも調理師免許は取得できるが、1年制は専門士などの称号は得られないので注意が必要だ。さらに、学べる内容にも学校によって違いがある。和洋中の料理をひととおり学ぶ学校もあれば、フレンチとイタリアン中心といった学校もあるので、どの分野の調理師になりたいのかも考えて学校を選ぼう。

調理師<国>

取得者300万人以上のポピュラーな資格。料理が作られるあらゆる所に活躍の場がある

調理師の名称を用いて調理の仕事ができる者として、都道府県知事の免許を受けた者を調理師という。調理の仕事につくには、必ずしも調理師の資格がなくても可能だが、やはりあったほうが有利な資格。しかし、あくまでもスタートラインで、現場に立ってからが本当の修業になる。

調理師<国>の就職先

日本料理、西洋料理、中華料理などの飲食店、企業や病院などの給食、食品関係企業の開発部門など、料理が作られるあらゆるところに活躍の場がある。実力をつければ、一流のレストランや料亭でトップに立ったり、独立して飲食店のオーナーになることも可能だ。

調理師<国>をとるには

調理師<国>の受験資格

厚生労働大臣指定の養成施設で学ぶ(昼間1年、夜間1年半)方法と、都道府県知事が行う調理師試験に合格する方法の2つがある。調理師試験は、中学校を卒業した者と同等以上の学力を有する者で、飲食店などで2年以上調理業務に従事した者が受験できる。試験科目は、食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論の7科目。

調理師<国>の合格率・難易度

合格率
60.5%
※2012年度

資格団体

※東京都福祉保健局 健康安全部 健康安全課 試験・免許係 各都道府県の衛生主管課
電話:(公社)調理技術技能センター03-3667-1867
URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/shikaku/csh_menkyo/index.html
専門調理師・調理技能士<国>

調理作業に必要な技術技能や広い知識が試される

調理技能士とは、厚生労働省認定のもと、(社)調理技術技能センターが実施する調理技能審査・技能検定に合格した者に与えられる国家資格。調理の技術技能だけでなく、食品衛生や公衆衛生、材料や栄養などに関する広い知識が求められる。

専門調理師・調理技能士<国>の就職先

レストラン、日本料理店、中華料理店、ホテル、そのほか飲食関係の企業。また、調理師学校の教員資格も与えられるので、調理師養成の道もある。

専門調理師・調理技能士<国>をとるには

専門調理師・調理技能士<国>の受験資格

調理の実務経験年数8年以上(厚生労働大臣指定の調理師養成施設で1年以上調理に関する学科を修めた者は6年以上)で、そのうち調理師免許を有している期間が3年以上ある者。試験は、(前期)すし料理、中国料理、給食用特殊料理、(後期)日本料理、西洋料理、麺料理。実技試験と学科試験がある。学科試験の内容は、調理一般、調理法、材料、食品衛生、公衆衛生、食品、栄養、関係法規および安全衛生。

専門調理師・調理技能士<国>の合格率・難易度

合格率
64.4%
※2013年度

資格団体

厚生労働省
電話:(公社)調理技術技能センター03-3667-1867
URL:http://www.chouri-ggc.or.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

調理師に関連する学問

調理師に関連する記事

  • 高校生で起業ってアリ?

    世界屈指の大富豪であるビル・ゲイツが、高校在学中に起業したというのは、けっこう有名なエピソード。やはり才能のある人は、若いころから周りの一歩先を進んでいるよう。 アメリカと比べると、日本で高校生が起業する環境はまだまだ整っていない。だけど、校則の厳しかった私立高校から都立高校に転校してまで、起業 …

  • 「おいしい」を自在に表現!世界を舞台にする調理師のお仕事

    「自分の腕と技術で勝負できる仕事に就きたい」。 和食創作料亭で料理長を務める金野伸也さん(27歳)は、進路で悩んでいた高校時代、「衣、食、住に関係する仕事に就きなさい」と担任の先生からアドバイスを受けたときに、「食なら自分に合っている」と思い調理師になることを決めた。 一見、華やかに見える調 …

調理師を目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

辻学園栄養専門学校 - 【12・1月♪個別相談会】平日に参加できるオープンキャンパス★ - 2016/12/14~2016/12/22 - 大阪府大阪市北区西天満1-3-17
経専調理製菓専門学校 - パティシエorシェフを選んで体験!keisenのオープンキャンパス♪ - 2016/12/17 - 北海道札幌市豊平区平岸3条2丁目4-20
シェフパティシエ専門学校 - ☆パティシエ体験しよう♪シェパのオープンキャンパス☆ - 2016/12/17 - 新潟県新潟市中央区笹口2-9-1