• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 調理師
  • 仕事内容
やりたいことを見つけよう!

調理師の仕事内容

調理師の仕事に求められるのは、上質の料理を作り提供することですが、それと同じくらい大切なのが衛生面の確保です。お客さまの目に触れない細かなところまで、徹底的に清潔に保ち、整理整頓を怠らないことが、良い調理師の条件とも言われています。また、多くの料理人が働いている職場では、仕事がスムーズに進むように、食材の下準備や調理器具の準備をするのも、まだ経験の浅い調理師の仕事です。

料理を作る

調理技術や知識を駆使して、おいしい料理を作ることが、調理師の最大の使命です。多くの料理人が働く料理店・レストランやホテルでは職場の責任者の指示、集団調理施設(病院、介護施設、学校給食など)では管理栄養士・栄養士の指示に従って調理に当たります。独立・開業して、自分がオーナーシェフのような立場になれば、メニュー立案から食材の調達・管理、調理、接客まですべてを1人でこなさなければならない場合もあります。

衛生の管理・確保と整理整頓

衛生の管理・確保と整理整頓

開店準備・仕込み

先輩料理人が調理場に現れた時、スムーズに仕事が始められるように準備するのも、新人調理師の仕事です。朝一番で納品された食材のチェック、当日必要な分の野菜を切ったり剥いたりなどの食材の下準備、オーブンの温めやまな板のセットなどをします。ホテルで100人出席の大規模な宴会がある日などには、人数分の食器の準備なども行います。

翌日の準備

夜間の営業が終わった後の厨房内の清掃は必須ですが、そのほかにも余った食材の翌日の活用法の確認や、冷蔵庫内にどのような食材がどれだけどのような状態で保存されているかの管理などを行います。また、翌朝からの作業では時間がかかり、ランチでの提供に間に合わない料理の仕込みもします。レストランでの一例を挙げれば、ゼリーで固める料理、酢をなじませるマリネ、スープのだし取り、滑らかに仕上げるテリーヌなどが、ディナー営業終了後に、翌日のために行わなければならない調理師の仕事です。

調理師に関連する記事

  • 高校生で起業ってアリ?

    世界屈指の大富豪であるビル・ゲイツが、高校在学中に起業したというのは、けっこう有名なエピソード。やはり才能のある人は、若いころから周りの一歩先を進んでいるよう。 アメリカと比べると、日本で高校生が …

  • 「おいしい」を自在に表現!世界を舞台にする調理師のお仕事

    「自分の腕と技術で勝負できる仕事に就きたい」。 和食創作料亭で料理長を務める金野伸也さん(27歳)は、進路で悩んでいた高校時代、「衣、食、住に関係する仕事に就きなさい」と担任の先生からアドバイスを …

調理師に関連する学問

調理師を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路