• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • バーテンダー

バーテンダー

バーテンダー

多種多様な酒の味をクリエイトする

ホテルのバーラウンジや店舗で、何千種類もあるカクテルを作る。単にカクテルのつくり方を覚えるだけでなく、客の好みに応じた微妙な味を作り分けられなければならない。同じ種類の酒でもメーカーによって味も違うし、酒の配合の仕方が違えば、カクテル名も変わる。経験と努力がものをいう仕事だ。

バーテンダーのやりがい

自分の作ったカクテルをお客さまに「おいしい」と言ってもらえることが、バーテンダーにとって大きな喜び。ただし、それだけではない。カウンターでお客さまと直接会話することも多いので、バーテンダーの人柄が気に入って常連になる人も多い。お酒、人柄、店の雰囲気などすべてを含めて、自分が働くお店のファンになってくれるお客さまが増えることがバーテンダーの実力の証明であり、それがやりがいにもつながっていく。

バーテンダーの就職先・働く場所

就職先はバー、レストラン、ホテルなど。従業員が数人の小さなお店もあれば、チェーン展開している飲食店やホテルなど比較的大きな企業もある。通常の就職活動をして採用されるケースもあれば、お店でアルバイトをしながら仕事を覚え、働きぶりを評価されて正社員採用される場合もある。お酒を提供する仕事なので、勤務時間は夕方から夜。お店の営業時間によっては深夜にまで及ぶこともある。

  • ホテル
  • バー

バーテンダーの将来の展望

飲食業界は、全体的に競争が厳しく、ショットバーなどでも低価格化が進んでいる。バーテンダーにとっても安定した職場で働くことは年々難しくなっているのは事実。そのため、お酒の知識やカクテルをつくる技術に加えて、会話やサービス面も含めて、お客さまに「この人でなければ」と思われるようなバーテンダーになることがより大切になっていくだろう。また、最近は女性バーテンダーのニーズが増加。女性の活躍のチャンスは今後も増えていきそうだ。

バーテンダーになるには

バーテンダーになるには、必ずもっていなければならない資格などはない。また、厳密に学歴や出身学科が問われることも少ない。ホテルやレストラン、外食チェーンなどに就職する道もあるが、その場合、希望通りバーテンダーになれるかどうかは不透明。バーテンダーを募集する場合は経験者を求めることが多いため、まずはバーなどにアルバイトで入り、経験を積むという方法もある。調理・サービス系専門学校学んで知識・技術を磨くのも有効なステップだ。

バーテンダーの適性・求められる力

お酒が好きであることは前提条件。さまざまなお酒に関する幅広い知識やカクテルをつくるための技術ももちろん必要になるが、これは職場で仕事をしながら身につけていくケースが多い。もちろん学校などである程度勉強しておけばプラスだ。また、カウンター越しにお客さまと会話することも多い仕事。心地よいひとときを提供できる会話術も大切になるので、相手の心理を察知し、適切なコミュニケーションができる力も求められる。

バーテンダーの学校の選び方

学校で学ぶ場合は、調理・サービス系の専門学校が選択肢になる。接客などホテルやレストランでのサービス全般をマスターできる学科、調理やカフェ作りなどを幅広く学べる学科、バーテンダーやソムリエなどの養成に特化した学科などがあるので、就職後の働き方をイメージしながら希望に合ったカリキュラムの学科を選ぼう。

バーテンダーを目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

バーテンダーに関連する仕事・資格

バーテンダーを目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

大阪調理製菓専門学校 - 【12月 製菓】大阪調理製菓専門学校オープンキャンパス - 2016/12/17~2016/12/26 - 大阪府泉大津市東豊中町3-1-15
名古屋観光専門学校 - 12月 ホテルのイベントに参加しよう! - 2016/12/18~2016/12/23 - 愛知県名古屋市中区栄5-11-29
日本ホテルスクール - 学校説明会 - 2016/12/18 - 東京都中野区東中野3-15-14