• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • フードコーディネーター

フードコーディネーター

フードコーディネーター

食まわりビジネスすべてに関わる仕事

出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

フードコーディネーターのやりがい

料理が好きな人にとっては、新しいオリジナルメニューを考え、さまざまな食材を使って実際に調理するフードコーディネーターの仕事はそれ自体が魅力的。また、食品会社や雑誌などの求めるテーマに応じてメニューを考案したり、撮影用に料理がおいしく見えるようなさまざまな工夫を凝らしたりする仕事なので、仕事相手や仕事仲間から自分の発想やアイデアが評価されたときには大きなやりがいを感じることができる。

フードコーディネーターの就職先・働く場所

主な就職先は、食品会社や外食チェーン、フードコーディネーター事務所、フードコンサルティング会社など。食品会社所属のフードコーディネーターの場合は、自社製品を活用した新しいレシピを考えたりするのが仕事。外食チェーンの場合はメニュー開発などを担当する。経験を積めばフリーランスで活躍するチャンスも大きい。女性が多い仕事で、フリーであれば、結婚・出産後も自宅を拠点に無理なく働き続けることが可能だ。

  • レストラン
  • テレビ局

フードコーディネーターの将来の展望

フードコーディネーターは仕事の範囲が広く、経験を重ねるなかで、食品会社、飲食店、食器メーカー、出版、テレビ、映画など幅広い業界とつながりをもつことができる。そのため、実力・実績と人脈さえしっかりしていれば、不況が来てもたくましく仕事を得ていくことが可能な職種といえる。また、食に関する人の興味は不況になってもなくなるものではない。食品関連業界自体が比較的安定しているというのも魅力だ。

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターになるには、大学・短大・専門学校の食品・栄養・調理系の学科・コースに進むのが王道。卒業後は食品会社や飲食店、フードコーディネーター事務所、フードコンサルティング会社などに就職する。フードコーディネーター資格はなくても仕事はできるが、もちろんあったほうが有利。18歳以上なら受験できるので、学生の間に取得すれば、就職活動に生かせる。

フードコーディネーターの適性・求められる力

さまざまな料理や食材、栄養、食文化などに関する幅広い知識が必要とされる専門性の高い仕事。なくても仕事はできるが、一連の知識の証明としてフードコーディネーター資格を取得する人が多い。もちろん、調理の腕前も求められる。依頼者が求めていることを的確に理解する力やよりいいものを作るための提案力なども大切。外注の仕事をメインとする場合、現場によって毎回異なるスタッフと相談をしながら仕事をするので、コミュニケーション能力も必要不可欠だ。

フードコーディネーターの学校の選び方

大学・短大・専門学校の食品・栄養・調理系の学科・コースが選択肢。フードコーディネーターだけを目標とするなら、資格試験にも対応した専門コースが有力候補。ただし、管理栄養士、調理師など、取っておくと有利な関連資格もある。例えば、大学などで管理栄養士とフードコーディネーターの両方を目指すことも十分可能なので、どの資格を目指すのかをしっかり検討したうで対応した学科・コースを見極めよう。

フードコーディネーター

幅広い知識と経験を身につけて、フードビジネスをトータルにコーディネートする

ひと言に“食”の世界といっても、各分野の専門化が進み、様々な領域でスペシャリストが活躍していて、互いの連携や情報交換を密にする必要が生じてきた。そこで、幅広い知識と総合的に食文化を考えられる視点をもち、調理師、栄養士、メニュープランナー、テーブルプランナー、マーケッターなど各分野のスペシャリストたちと連携を図って、フードビジネスをトータルにコーディネートするのが、フードコーディネーターだ。

フードコーディネーターの就職先

レストラン・プロデュース、食の商品開発、メニュー開発、食のイベント、フードビジネスのコーディネートなど、フードサービス・ビジネスにおける経験を問う2級を取得すれば、活躍の場は広がっていく。

フードコーディネーターをとるには

フードコーディネーターの受験資格

18歳以上。広く一般から公募している。資格は1~3級の3段階あり、基本知識の習得を図る3級の試験内容は、(1)デザイン・アート (2)経済・経営 (3)科学 (4)文化の4科目。調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師の資格取得者は、科学と文化の試験は免除。また、短大あるいは専門学校を主とする認定校制度もある。

フードコーディネーターの合格率・難易度

合格率
77.61%(2級1次)、38.99%(2級2次)、32.6%(1級1次)、28.0%(1級2次)
※2013年度

資格団体

特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
電話:03-5805-1981
URL:http://www.fcaj.or.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

フードコーディネーターに関連する仕事・資格

フードコーディネーターに関連する学問

フードコーディネーターを目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

専門学校ビジョナリーアーツ - 12/27(火)とろとろオムバーグ - 2016/12/27 - 東京都渋谷区桜丘町23-18
辻学園調理・製菓専門学校 - 【調理】オープンキャンパス&入試説明(9月~12月末まで)☆ - 2016/12/23 - 大阪府大阪市北区西天満1-3-17
東京観光専門学校 - ◇体験入学◇エアラインサービス学科 - 2016/12/18~2016/12/23 - 東京都新宿区市谷田町3-21