• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • バリスタ

バリスタ

バリスタ

おいしいカプチーノやエスプレッソコーヒーをいれる技術とともに、お客さまをもてなす接客のスキルも必要

カフェで働き、エスプレッソやカプチーノなどコーヒーを提供するスペシャリスト。コーヒー豆の産地や味の特色などの専門知識とともに、焙煎技術やエスプレッソマシンといった機器類の使い方にも精通し、香り高く、風味豊かなコーヒーをいれる。カフェのほかに活躍の場となるのはホテルやレストランなど。接客サービス業でもあるので、お客さまに心地よく過ごしてもらうための接客スキルも必要不可欠。また、勤務する店の業態によっては、軽食やデザートなど、コーヒーと組み合わせて提供されるメニューの知識も求められるだろう。

バリスタのやりがい

バリスタは、エスプレッソをはじめとするコーヒーの香りや味わいの奥深さをとことん追求できる職業。コーヒーが好きな人にとっては趣味と実益を兼ねた魅力がある。毎日の努力や工夫がコーヒーの味わいに直接反映されるのも、やりがいに直結する。よりおいしいコーヒーをいれられるようになったのを自分自身で確かめたときは達成感も大きい。もちろん、そのコーヒーをお客さまに「おいしい」と言ってもらえるのは最高にうれしい瞬間だ。

バリスタの就職先・働く場所

バリスタと呼ばれる人たちが働いているのは、カフェ、コーヒーショップ、喫茶店、ホテル、レストラン、バーなど。社員として就職する場合もあれば、アルバイトなどで働く場合もある。バリスタとしての技術に自信があり、資金を調達できれば自分でオーナーとなってカフェなどを開業する道もある。

  • 飲食店
  • レストラン
  • ホテル

バリスタの将来の展望

バリスタという職業がこの先どこまで浸透していくかは何とも言えないところ。日本では、まだまだこれからの仕事だ。一方で、だからこそ、自分で独立開業して本場のエスプレッソやコーヒーの楽しみ方を世の中に提案していく余地は十分あるとも言える。例えば、イタリアではバール(日本で言うバー)でエスプレッソなどを提供するのがバリスタ。お酒もエスプレッソも楽しめるこのようなタイプの店が日本にも増えていけば、バリスタの認知度や地位も大きく変わっていくはずだ。

バリスタになるには

バリスタになるために必要な資格や決まったルートはない。アルバイトで働き始めたカフェで仕事を覚え、バリスタと名乗って働くようになるケースもある。ただし、プロとして必要な知識・技術をしっかり磨いておきたいなら、調理系専門学校のカフェ関連の学科・コースに進学するのも一つの方法。接客サービスやカフェを経営するためのノウハウなども幅広く習得できるので、レストランやホテルなどへの就職にも生きる。

バリスタの適性・求められる力

エスプレッソをはじめ、コーヒーが好きであることは絶対条件。そのうえで、コーヒー豆の種類ごとの特徴やコーヒーをいれる際の細かな技術に関して、自分で試しながら勉強していくことが求められるので、探究心も必要。また、店舗の形態によっては、お客さまと直接会話することも多いので、コミュニケーション能力や接客技術も大切になる。

バリスタの学校の選び方

バリスタの技術が習得できるのは、専門学校のカフェ関連の学科・コースなど。そのほか、パティシエ、バーテンダー、レストランサービスなどの学科・コースでも学ぶことが可能だ。それぞれ幅広い内容を学ぶので、その中で、バリスタ関連の学習・実習が占める割合などは事前にチェックしておきたい。また、バリスタマシーンの台数など実習環境や設備についても調べておこう。

バリスタを目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

バリスタに関連する学問

バリスタを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

山手調理製菓専門学校 - 1日で調理・製菓実習!W体験 - 2017/06/03~2017/06/18 - 東京都渋谷区円山町28-5
専門学校ビジョナリーアーツ - 6/11(日) ・ワンコのエステ - 2017/06/11 - 東京都渋谷区桜丘町23-18
大阪観光専門学校 - ■ グローバル学科 6月体験入学 ■ - 2017/06/03~2017/06/18 - 大阪府大阪市北区堂島2-3-11