• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 調理・栄養・製菓
  • 栄養士
  • やりがいを聞いてみよう
やりたいことを見つけよう!

栄養士のやりがいを聞いてみよう

「自分が考えた献立をよろこんでもらえた」「『おいしかった!』と言ってもらえた」などの反応が、栄養士にとっての一番のやりがいになっているようです。栄養士は学校給食など健康な人の食事にかかわることが多いため、管理栄養士が行う病気の人への栄養指導と比べると、病気の回復に貢献しているといった実感を得る機会は少なくなります。しかし栄養士の指導や食事によって病気を予防することもできるので、「人々の健康にかかわれる仕事である」という点では管理栄養士と立場は同じ。これからの社会を担っていく子どもたちの元気な姿を見て、それを支える仕事をしていることに誇りをもつ人もたくさんいます。

「おいしかったよ」の言葉や笑顔

食べてくれる人の顔を思い描きながら、一生懸命考え、調理した食事を「おいしい!」と言ってもらえた瞬間のよろこびは何にもかえがたいもの。特に、病院や老人ホームなどで生活していて「食事の時間が何よりの楽しみ」という人が感謝の言葉を伝えてくれることも多く、そんな瞬間に「栄養士として人の役に立てているんだな」と実感できるそうです。

「栄養」を通して、健康維持をサポートできる

栄養バランスのとれた、見ても食べてもおいしい食事。その提供を通して、心身共に健康な毎日をサポートできるのも、栄養士の醍醐味です。また、栄養士による栄養や食物の正しい情報提供が消費者の思考や行動に影響を与え、健康的で充実した人生を送れる人が世の中に増えていくというのも、長期的なやりがいと言えるでしょう。

食のプロフェッショナルになれる

栄養士として現場で働くなかで得られる栄養に関する知識、そして調理の技術は、座学で得られるもの以上に実用的なものばかり。その経験を生かして、管理栄養士にステップアップしたり、開発・研究職に従事したり、フードコーディネーターとしてメディアの仕事に携わったり、フリーの料理家に転身したり…と、幅広い世界で活躍する可能性を秘めているのも、栄養士という仕事のおもしろさです。また、「食」は人が生きていくうえで切っても切り離せない行為のため、例えば結婚して家族の食生活を支えたり、自分自身の健康管理に役立てたりと、日常生活にそのまま生かせる一生モノのスキルを身につけられるのも、この仕事の魅力です。

栄養士に関連する記事

栄養士に関連する学問

栄養士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路