キャリアガイダンスVol.414
21/66

取材・文/藤崎雅子 授業中、生徒は積極的に手を挙げて質問する。ホットシーティングでは照れることなく登場人物になりきり、予習に基づいて真剣に演じる。グループ活動では臆することなく自分の意見を言う。 「以前、希望する授業方法について生徒に聞いたところ、最も多かったのが『自分で発言できる授業』。生徒は黙って聞いているより、対話型の授業を望んでいるようです。そんな生徒の期待に応えようと取り組んできました」 定期考査の最後には授業や試験に対する意見を求める設問もあり、その回答には「いろんな人の考え方を吸収できる」「協調性を養うことができる」「自分で考える力がつく」など、成長を実感するコメントがあがる。また、中学3年から担当したあるクラスでは、「自分たちで授業をしたい」と、高校3年の「現代社会」の授業は生徒が交替で教師役を務めたこともあった。生徒には、自ら学び続けていくためのリテラシーやコンピテンシーが確実に育っているようだ。生徒が交替で教師となって授業を行った例も生徒はどう変わったか 藤牧先生は外部で開催される様々な勉強会に頻繁に参加して新しい授業手法を学ぶだけでなく、生徒の意見も取り入れながら授業を改善。現在のような授業展開にたどり着いて、まだ1年足らずだ。藤牧先生はこれで授業の型を固定しようとは考えていない。 「これからも生徒の状況に合わせていろんな学び方を提示し、生徒の選択肢を増やしていきたいですね。そのために自らも新しいことを学んで、良いと思う方法があればどんどん変えていきます」新しい手法も積極的に取り入れ多様な学び方を提示し続ける今後行いたい授業授業を受けた生徒の声「最初のホットシーティングは結構面白いです。今日の授業では日本の戦後税制の生みの親ともいえるシャウプ役を務めましたが、質問に答えられるよう事前にしっかり調べて臨みました」「以前はニュースを見てもただその事実を受け止めていただけでしたが、今は『なぜこういうことが起こるのだろう』などと疑問が生まれるようになりました」前回の復習 ~ホットシーティング教科書知識の確認 ~KP法質問精査・発表 ~グループ活動質問回答・解説まとめ・感想 ~リフレクション金融をテーマにした授業では、シャウプ氏と日本郵便の職員の役の生徒が登場。「登場人物が自分で話すという設定なので、何を言ってもよいんだよと繰り返し伝えています」(10分) 授業前に準備した20枚弱の用紙を使って教科書内容のポイントを解説。「板書に比べ、生徒から目を離さずにすみます」(10分) 3~4人のグループで、疑問に感じたことやさらに知りたいことについて話し合い、質問1~2点を紙に書き出して発表。「質問の良し悪しは言わず、できるだけ自由に質問を出せる雰囲気づくりに努めています」(15分)各グループからあがった質問に答える形で、今回の授業の重要事項を解説する。すべてを解説するのではなく、「これは調べてね」と促すにとどめることも。 (10分) プリントを配布。今回の授業で学んだことを確認し、次の授業に向けて準備させる。 (5分) 12345図1 藤牧先生の授業デザイン3学年 小岩井春岐くんQQQ高校3年「政治・経済」第1回定期考査ルーブリック。設問ごとに内容面3段階、表現面2段階の評価基準を設定。例えばある設問の内容面は、「目的と問題点がそれぞれ挙げられている」が4点、「目的または問題点の片方が示されている」が2点、「どちらも示されていない」が0点。「社会科といえば暗記科目、というイメージが変わりました。考える力の大切さを改めて実感しています。自分の頭の中だけで考えるのではなく、意見として発信したり話し合ったりすることは、社会に出ても役に立ちそうです」今年度、初めて藤牧先生の授業を受けた感想は? 授業の面白いところはどこですか?藤牧先生の授業を受けるようになって、自分が変わったと感じることは?※ダウンロードサイト:リクルート進学総研 >> 発行メディアのご紹介 >> キャリアガイダンス(Vol.414)「授業」で社会を生きる力を育む【Report 03】 政治・経済212016 OCT. Vol.414

元のページ 

page 21

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です