キャリアガイダンスVol.414
25/66

取材・文/藤崎雅子「遠藤先生は『生物』のことなら何でも知っている」と生徒は口を揃える。しかし、遠藤先生はすべてを教えるわけではない。 「あえて自分も知らないことを問い、こういう可能性はあるけれど本当の原因は先生も知らないよ、と生徒に自ら考え調べさせることも。生徒の思考を膨らませるのが教員の役割だと考えています」 遠藤先生の狙いは、生徒自身に原因を追究する思考力をつけること。そのための素材は生物分野に限らない。特に1、2年の授業では、「なぜあの書店は潰れたのか」「なぜ福島の子どもの体重増加率が高いのか」など経済や地域社会の話題も広く取り上げ、「なぜ?」「だから何?」を徹底的に繰り返す。 「まず当たり前を疑う思考力を付けてほしい。思考力が身に付けば、大学受験のための『生物』の勉強は3年になってからでも十分間に合いますから」 遠藤先生の授業を受けると、生徒はまずたくさん質問するようになるという。「授業終了後、質問への対応で次の授業に遅れそうになることも」と遠藤先生。受け身で頭に詰め込むのでなく、自ら問いを立てて考えるようになったことの表れといえる。 次に、教えていない単元がテストに出ても得点できる生徒が出てくる。特にしょっちゅう話が横道に逸れる1、2年の授業は進度が遅く、たいてい模試の出題範囲が終わらない。しかし、試験結果は良い。知識のない問題でも生徒は原理から考え、「問題文を読めばこれしかない」と正解を導き出すからだ。教えなくても問題が解けるように生徒はどう変わったか また、内容を深く理解することは、成績だけでなく学ぶ意欲にも効果的だ。「生物」が苦手だったというある3年女子は、遠藤先生の授業を受けるようになって成績が上がった。「原因も含めて理解できるようになって、初めて『生物』が楽しいと思えた」と、看護師の夢を実現すべく受験勉強に励んでいる。 遠藤先生がこの先に思い描くのは「教えない授業」だ。 「最初は基礎的な知識や学び方をがっつり教える必要がありますが、最終的にはそれらを使って生徒が自ら学んでいくようになるのが理想です」 しかしながら、個人で教えられる生徒の数には限りがある。遠藤先生らは3年前から、授業と外部講師講演などの特別講座を校内ネットワークに公開しており、現在、7人の教員の授業を閲覧可能だ。遠藤先生はYouTubeで一般公開も行う。これを生徒が自学自習に使うだけでなく、教員も授業実践の参考にしている。 「質の高い授業ができる教員を増やすことが、多くの生徒の力を伸ばす近道です。今後、全国規模で授業を共有し切磋琢磨するような、教員育成のプラットフォームができないものかと画策しています」夏季特別講習の授業をビデオカメラで録画。校内のネットワークにアップしている。夏期特別講習後、生徒に囲まれて。※福島・安積・いわき・白河高校の合同で、2泊3日で自分自身のゲノムDNAを抽出してアルコール代謝遺伝子の遺伝子診断を行った際の生徒感想コメントから一部を抜粋。コメントは他校生含む。自ら学んでいく生徒の育成のために今後行いたい授業遠藤先生の「生物セミナー」に参加した生徒の声今回の合宿を通して、自分はなぜ今まで勉強ができなかったのかを根本的な部分から知れたと思います。というのも、今までは教科書や参考書などに書いてあったことを鵜呑みにして、「なぜこの部分はそういった結果になるのか?」といった疑問をもたずにいたからです。だから、直哉先生の「何でも疑問をもち、本質的にとらえてつながりを見出すことで格段に理解が深まる」という言葉に感銘を受けました。実際、直哉先生の講義はとてもわかりやすく有意義なものでした。3日間で最も大切だと思ったことは、「不思議に思うこと・考えること」だ。教科書で教えられるものは事実であるが、その事実が導き出された経緯を一歩踏み込んで調べてみるとより深く理解できるということを学んだ。(中略)日頃から常に周りの者に対して興味・関心をもち、考える癖をつけていきたいと思う。今回のセミナーを受けるまで、私は生物という学問に対して苦手意識をもっていました。しかし、様々な講座や実験を重ねるごとに、生物にだんだんと惹かれていきました。生物の定義や、物事の考え方、起きている現象などに対して「どうして?」と疑問をもち、その疑問の解明を、受動的でなく能動的に行うなど、生物だけではなく、他の教科に当てはめることのできる様々なことを学ぶことができました。私は実は来年度の理科科目選択では、物理を選ぼうと考えていました。(中略)私はどちらの科目をとっても十分たちうちできるよう学習に励み、物理、生物と分けるのではなく、理科という教科を愛していきたいと思います。 「授業」で社会を生きる力を育む【Report 05】 生物252016 OCT. Vol.414

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です