キャリアガイダンスVol.415
30/66

くのがカリキュラム・マネジメント。 「持続可能にしていくには、効果的であるとともに、効率的であることも大事です。できるだけ少ない力で使えるものができるのが一番いい。それが、現実的なカリキュラム・マネジメントです」 総合学習に力を入れているある高校では、総合的な学習の時間と各教科との関連性を網羅した「学びの地図」といった一覧表を、教師だけでなく生徒にも配り、常に授業の意味づけを共有できる仕組みを作り上げているという。 「この授業のゴールは何で、どういう意味があるのか。先生たちにとってもわかりやすくなり、授業づくりが効率的になります。さらに、学びの地図を生徒と共有していくことで、体育祭や文化祭などの行事と同じように、その学校ならではの文化や伝統として継続可能な意味のあるものとなるのではないでしょうか」 文化や伝統は、時間をかけて作り上げていくもの。だからこそ、一足飛びに完璧なものを求めるのではなく、できることから始めていくことも大事。 「ザ・ベストではなく、ベターになっていくことを喜び合いたいと思います。カリキュラム・マネジメントでは、現状把握(Check)から改善(Act)、計画(Plan)、実行(Do)というCAPD※のサイクルが重要ですが、課題の解決ばかりに目を向けるのではなく、生徒も教師たちも、自分たちが今できていることをエネルギーに変えていけるような現状把握からスタートする側面も大事にしていただきたい。管理職は、できたことを一緒に喜び合うような、そういうスタンスを大事にしていただけるといいのではないでしょうか」※ 一般的な用語としてはPDCAだが、ここではあえてCからスタートした表記。 カリキュラム・マネジメントというと、管理職が取り組むべきことという誤解があると、京都大学の西岡加名恵先生は指摘する。 「学校としてどういう生徒を育てるのかという目標に対応させて、どういう学習経験を提供すべきかを考え、作っていくのがカリキュラムです。カリキュラムを変えていくことと、授業や単元を作るということは、表裏一体。日々生徒と接する先生方だからこそカリキュラムづくりができるわけで、先生方が全員で取り組むことが大切です」 そのために一番重要なのは、「目標観」をしっかりもつことだという。 「今、大学入試も含めて学力観の転換が目指されています。『社会で生きていく力、より良い世界をつくる力』を身に付けさせるため、学校でどのような学びを提供すべきなのか。教科書を網羅的に覚えていても学ぶ意味が見えないといった授業ではなく、学ぶことの意味や意図が生徒たちにも見える授業をつくるためには、この教科で何を伝えなければいけないのかを検討し、明確にする必要があります」 さらに、生きて働く力を身に付けさせるという学力観を踏まえ、評価方法も多様化している(図参照)。日々生徒と接する先生方だからこそカリキュラムづくりができます。最初は小さなことからでいいので、一人ひとりの先生が創意工夫して一歩でも前進することが大事です。カリキュラム・マネジメントはすべての先生の課題302016 DEC. Vol.415

元のページ 

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です