キャリアガイダンスVol.415
35/66

 生徒の現状から学校課題を立てたら、現行の教育目標を見直してみましょう。学校にはもともと、校訓や育てたい生徒像が存在していますが、スローガン的なものや、大きすぎて行動に移しにくい目標が多いことも否めません。カリマネにおける教育目標は、それに基づいて個別の教育活動を企画したり改善したり、実施できなければなりません。さらに、生徒がその目標を読んで、目指すべき自分の姿をイメージできるものでなければ、どこに向かって何をすべきか曖昧になってしまいます。 ここでも、辰巳氏のツールが参考になります。生徒アンケートで、生徒が伸ばしたい基礎力別に、目指す段階が言語化されているので、「自校の生徒の伸ばしたい力はどこなのか」を具体的に構想する手助けとなりそうです。 校訓やスローガンは各学校が伝統とする教育理念です。それを否定しているのではなく、教育活動に結びつけるためにブレイクダウンしようということです。具体化した教育目標が、校訓に合っているか、さかのぼってすり合わせることも必要です。 教育目標を決めたら、それに向かって取り組む教育活動を構想し、実践します。まずは従来から取り組んでいる活動を点検し、強化するか縮小するか、あるいは廃止するかなど、改善策を練ります。従来の活動では目標の到達に不足する場合には、新たな活動を取り入れる検討も必要となってくるでしょう。新たな活動の導入の際に、前述したプロジェクトリーダー(チーム)の存在が生きてきます。プロジェクトメンバーの役割は、例えば、他校の事例や調査研究などの情報収集や、その中で自校の参考になりそうな取り組みについて情報を共有したり、検討や実行の際にファシリテートするなどです。 教育活動の実施が走り出したら、ある時点で成果を評価する必要が出てきます。ここで気を付けたいのは、評価は教育活動を行った教員に向けた評価ではなく、活動をよりよくするための評価ということ。つまり「教育活動がどのように生徒の成長につながったか」「生徒がどう変化したか」を知ることです。それは、学力テストの結果だけで図ることはできない変化といえます。 例えば、取り組み後に辰巳氏のツールで再び生徒自身の評価を取り、取り組み前と比較する方法もありま図5 目標設定の仕方図6 改善状況の評価学校改善の状況を評価・点検するために赤沢先生が作成しているルーブリック。33ページの図1の5項目それぞれで評価できるようレベルが設定されている。教育目標を立てる際に、辰巳氏が作成している図。目指す姿は生徒が行動に移しやすい、具体的な言葉で設定する。目指す姿(期待)が高いほど、課題は多いはずだ。例)×主体性を持たせる○授業中に寝ない○人の話を聞く○発言する目指す姿生徒の望ましい変容現状生徒の現在の様子←差=課題どのような力をつけさせたいか教育目標を具体化しよう生徒自身が目指す姿をイメージできる言葉で改善状況を評価・点検しよう生徒の変化を多面的に捉え次の取り組みにつなげるす。目標とした力の項目で、生徒たちが自らの成長を実感できているか数値の比較が可能です。また、授業や行事での生徒の様子や、ノートや小論文なども、生徒の変化を確認する資料になり得えます。 「カリマネの出発点も到達点も生徒なのです。生徒の変化を目の当たりにすることが、教員自身のやりがいにつながり、次の改善への意欲となります」(赤沢先生) 取り組み状況自体を点検・評価することも必要なため、赤沢先生は確認用のルーブリックを作成しています(図6)。実際にはまだ「レベル1」や、項目によっては「レベル0」の学校がほとんどだそうですが、ルーブリックによって過程ごとに目指す方向がわかりやすくなります。どの過程でも「レベル3」では、教員全体が自発的に学校改善に取り組み、学校全体に取り組みが行き渡り、共有している状態を指しています。学校改善の状況を評価することは、繰り返しになりますが、生徒の成長につながっているかの点検です。 「大切なのは生徒の変化を教員間で共有し続けること、共有しやすい場や仕組みをつくることだと思います。各校の状況に合わせた共有の方法を考えることからスタートするとよいと思います」(辰巳氏) 生徒がもっと輝く取り組みを、今日から始めてみましょう。カリキュラム・マネジメントで生徒が輝く学校づくり生徒がもっと輝くために今日からできること352016 DEC. Vol.415

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です