キャリアガイダンスVol.417
41/64

432017 MAY Vol.417ラスの全体像を明確にして、そのための学級経営を心掛けていくことが大事だと思います。 とはいえ、あまり急ぎすぎるのではなく、最初は「生徒同士がみんなでゆるくつながる」という感じにしていくことを目指したいところです。 グループ活動だけでなく、授業の中で、アクティブラーニングなど対話型の授業を取り入れていくのも、一つの方法です。上手に導入されている先生もたくさんいらっしゃいますが、話せる環境がまだできていない状況の中で、無闇に対話の機会をたくさん設けていっても、人間関係づくりにうまくつながらない場合もありえます。無理をせず、最初は、小テストの丸付け程度で隣の人と関わったり、簡単なペアワークくらいから始めるなど、友だちの話をしっかりと聴くというスキルを定着させることも大切です。なぜなら、聴いてくれる環境が整うことで生徒同士の関係を手助けするよう心掛けました。 授業は毎日あるものなので、こうした取り組みの積み重ねはかなり大きな成果があったと考えています。 なじめていないということは、クラス内に親しい友達がいない状況でもあり、おそらく以前にも最初はこういうことがあったと思われます。そこで、中学(高校1年、2年)の時はどうだったか、その時、自分はどうしたのかを尋ねます。以前の経験を思い出してもらうことで、「焦らずにまずは自分から誰安心して話すことができるからです。 八戸北高校の小向先生は、生徒自身に前の学年・中学校でどういう状況だったかを本人に思い出してもらうとおっしゃっていますが、先生自身も情報収集を工夫されるといいと思います。私も、新入生を担当した際には、入学前に生徒全員の中学校を訪問して、生徒の中学での様子や、気をつけるべきことなどを担任の先生に聞きました。パニック傾向の生徒の場合は、どういう状況で、どんな対応を望むかなど、ご家族からの申し入れもあることでしょう。そのような情報を学年担当全員で共有しておくことも大事です。そうして多くの教師が気にかけ支援することで、自分ではなくても誰かの関わりがヒットすればいいのです。また、他の教師の評価を聞くことは、教師自身、自分の盲点にも気付く重要な機会になります。「自分にはこうは見えていなかったが、こんな視点もあったのだ」と気づきにつながります。ぜひ、教師同士での情報共有を大切にしてください。かに話しかけていけばうまくいくさ」という話でまとめられることも。その後も、ちょくちょく声かけなどをして、気にしていますよ的サインを出し続けていくと思います。 面談週間には、全員対象で面談をします。クラスの感想や悩みごと・不安なこと、友達関係などを聞き、特に友達関係は図式化して、お互い友達意識があるか確認します。これによって、この生徒のことを他の生徒がどのように見ているかを見ます。さらにGW明けのLHRで生徒が交流できる場をもち、緊張をほぐせるよう努めます。このようなケースで、スクールカウンセラーならどう対応されるのか。先生たちとの協力のあり方などもお伺いしました。 まずは先生が生徒の様子に気付いて、先手を打って声かけされているところが大事なポイントだと思います。ただ、最後に「なんでだろうね?」と原因追究してしまっていますが、子どもは漠然とした不安感を抱いていることが多いので、答えづらいはず。それよりも、苦しさに気付いているとしっかり示して、関係性を強めていくやりとりが大切です。さらに他の教科の先生たちとも情報共有し、皆さんで意識的に声かけされることをお勧めします。学年最初で、先生と生徒の関係も始まったばかりなので、まずは生徒が「ちゃんと受け止めてもらっている」という安心感を抱ける関係づくりを意識していただけるといいと思います。 そのため、いきなり「スクールカウンセラーのところに相談に行ってみたら」と伝えてもらうのではなく、先生を主体とした支援の仕方を一緒に考えていけるといいと思います。ガイダンスカウンセラー 木村佳穂さん2005年、岩手大学大学院教育学研究科修了後、青森県と栃木県で6年ずつスクールカウンセラーとして勤務。2017年3月まで、早稲田大学教育・総合科学学術院で非常勤講師も務める。教科担当の先生とも情報共有し、声かけからスタートをスクールカウンセラーの視点中学校や前学年の先生から情報収集して共有をこの連載では読者の先生方のご回答と、実際のお悩み例をとりあげていきます。HPで募集しますのでどうぞお寄せください。以前の状況を確認していく青森県・八戸北高校・小向暢輝先生面談週間は、全員対象で面談を滋賀県・滋賀短期大学附属高校・寺田隆信先生

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る