• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 茨城大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

国立大学/茨城

イバラキダイガク

学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。最新内容は募集要項でご確認ください

工学部募集人数:530人

工学部

初年度納入金
2016年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2016年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

募集学科・コース

機械工学科

生体分子機能工学科

マテリアル工学科

電気電子工学科

メディア通信工学科

情報工学科

都市システム工学科

知能システム工学科(Aコース)

知能システム工学科(Bコース)

学部の特長

学ぶ内容
工学部
 機械工学科は、持続可能な循環型社会を見据えた「ものづくり」を担うことができるエンジニアの養成を目指す。2年次以降は、高度な専門科目を学びながら、演習形式の授業で応用力を身につける。また、実験・実習を通して物理的感覚を養う。
 生体分子機能工学科では、生体分子の多彩な機能を学び、さまざまな産業分野に応用することのできる研究者・技術者の育成を目指す。3年次からは応用機能化学コースと生命電子情報コースに分かれる。
 マテリアル工学科は、“ものつくりを支える”環境・ナノテクなどの専門家となるため、材料工学をベースに、ナノを始点とするハイテク分野、コンピュータを駆使する情報応用技術、環境の解析評価・保護改善までを学ぶ。
 電気電子工学科では、高校との接続教育や演習を多く取り入れたカリキュラムで基礎からしっかりと学ぶ。
 3年次から電気システムコースと電子システムコースに分かれる。
 メディア通信工学科では、さまざまなマルチメディア情報の技術向上、低コストで高品質な通信の実現を目指し、通信技術やコンピュータ技術(情報の処理や蓄積)を用いて、情報通信技術を研究・開発できる技術者を養成する。
 情報工学科は、コンピュータとネットワークのプロになるためのさまざまな分野を学ぶ。講義・演習・実験・卒業研究では、学問的基礎を中心に、進化を続ける情報工学の最先端を切り開くための考え方や、論理的に思考し表現できる能力などを身につける。
 都市システム工学科では、「安全の創造」に向けて、地震などの自然災害に対する防災や、強くてしなやかな土木・建築技術を学ぶ。また、「環境の創造」に向けて、地球温暖化や水質汚染などの現象と対応策を学ぶ。さらに「快適の創造」に向けて、建築・都市計画などを学ぶ。
 知能システム工学科は、コンピュータとメカ技術の融合分野を支えるメカトロニクス、設計と製造、コンピュータ、ヒューマンインターフェイス技術に関する十分な知識と能力を身につける。多様な問題の解決に意欲的に取り組める技術者の育成を目指す。
 昼間に学ぶAコースのほかに、働きながら学ぶ者が対象のB(夜間主)コースを設けている。

就職率・卒業後の進路 

茨城県庁7、日立パワーソリューションズ5、東日本旅客鉄道、茨城計算センター、日本テクシード各3など。

問い合わせ先・所在地

〒316-8511  茨城県日立市中成沢町4丁目12の1
TEL (029)228-8064 (入学課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県日立市中成沢町4-12-1 JR常磐線「日立」駅から日立電鉄バスで約20分、「茨大前」下車 
JR常磐線「常陸多賀」駅から日立電鉄バスで約20分、「茨大前」下車 

地図

 

路線案内

※学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。
最新内容は募集要項でご確認ください。

他の学部・学科・コース

茨城大学(国立大学/茨城)