• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山口大学
  • 学校の特長

国立大学/山口

ヤマグチダイガク

先生・教授・講師が魅力的

「未来型レタス」(LEDで栽培)、中温・高温微生物の研究など―理系研究に特色あり

本学は社会で注目される研究室がたくさんあります。農学部の執行研究室は、太陽光の代わりにLEDを利用する未来型のレタス栽培に成功。その画期的な技術は全国に広がりをみせています。また、「発酵微生物」「環境微生物」「病原微生物」の3部門から成る微生物研究センターでは、微生物によって地球温暖化に伴う諸問題とそれによって引き起こされる課題を解決する取り組みを研究。世界で活躍できる若手研究者を育成する機関です。その他、香りの研究を行う赤壁研究室ではほのかな柑橘の香りを有し、生臭さのない「柑味鮎(かんみあゆ)」の開発を行うなど、5学部4研究科にまたがる理系分野では多くのユニークな研究が行われています。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

活躍の場は、世界中!社会で求められる課題解決能力と英語スキルが身につく授業が豊富

国際総合科学部(2015年4月設置の新学部)では、2年秋からの1年間留学を必修とし、幅広い知識・視野、高いコミュニケーション能力を身に付けられるようなカリキュラムが組まれています。交換留学はたくさんの留学先から選ぶことができ、興味関心に合わせて国や地域を選択することができます。単位認定ができるため、1年間留学をしても4年で大学卒業が可能です。また普段の学生生活でも、海外からの交換留学生(約80名)と共に学ぶ環境なので、グローバルな視点で考える機会が豊富。さらに、デザイン科学、プロジェクト型課題解決演習(PBL)などの実践的な科目が用意されているので、現代社会で求められている課題解決能力を磨くことができます。学校の特長2

寮などの学生サービスが充実

学生寮や返還不要・大学独自の奨学金制度など経済面のサポートに魅力あり!

全室バス・トイレ付の1人部屋、2009年以降に改修・完成したばかりの新しい学生寮があります。寮費は月額16,500円~24,300円と安く抑えられており、経済的な負担を軽減。(山口市・宇部市の2キャンパスで合計7棟、635名収容可能)その他、経済的支援として大学独自の給付型奨学金「七村奨学金」を用意(年額63万円)しています。成績優秀者に対し、最長で卒業まで継続支給されます。その他、授業料免除制度、特待生制度もあります。また、総合図書館の充実した設備(会話をしながら学習できるアカデミックフォレスト、グループで集中して勉強できるグループ学習室、自習スペース)は学生からも人気で、学習環境も整っています。学校の特長3
山口大学(国立大学/山口)