• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 長岡技術科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

国立大学/新潟

ナガオカギジュツカガクダイガク

学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。最新内容は募集要項でご確認ください

工学部募集人数:80人

工学部

初年度納入金
2016年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2016年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

募集学科・コース

機械創造工学課程

電気電子情報工学課程

物質材料工学課程

環境社会基盤工学課程

生物機能工学課程

情報・経営システム工学課程

学部の特長

学ぶ内容
工学部
 機械創造工学課程では、社会的要請が強い4分野(情報・制御、設計・生産、人間環境、材料工学)の基礎と応用を学生が主体的・実践的に学ぶための充実した体制を整えている。生物が環境に適応して進化するように、機械工学も技術・社会の発展に対応して進化する。本課程では、真理を求める心で未踏分野の開発に挑戦する、実践的で創造的な次世代の機械技術者・研究者を育てることを目指す。自然界や人間社会に深い興味を持ち、未知の世界に挑戦できる人、数学や自然科学の素養を備え、それを独創的な技術に応用する意欲ある人材を求めている。
 電気電子情報工学課程では、学部・修士一貫教育、および民間企業における実務訓練などに代表されるユニークな高度技術教育の理念のもと、産業界で活躍し得る第一線の技術者・研究者を目指す学生を受け入れている。
 電気エネルギーシステム・制御、電子デバイス・フォトニクス、情報通信制御システムの3コースがある。学部課程では、電力・エネルギー、電子材料、情報・通信の3つの工学分野を基軸としたカリキュラムを編成し、実践的技術者教育を行う。さらに同専攻では、先端技術にかかわる高度専門プログラムにより、創造的能力を備えた実践的・先導的・指導的技術研究者を養成する。
 物質材料工学課程では、原子・分子の基本概念を基に、有機と無機材料に関する基礎科学と高機能材料への応用展開を学び、本質を理解する能力を持ち、創造性豊かな技術者・研究者を目指す。
 新材料の開発に積極的に挑戦する学生、さまざまな現象を注意深く観察し、理論的に思考しようとする学生、柔軟な発想と積極的な行動力を持つ人間性豊かな学生を、化学・生物・物質・材料分野のみならず、電気や機械分野などからも幅広く受け入れている。
 環境社会基盤工学課程では、地球環境の保全や自然との共生を図り、自然災害などから国民の生命と財産を守り、幸せな社会を持続的に発展させることを目指す。ハード・ソフトの両面から、環境と調和した健全な社会基盤を適切に計画・建設・維持するための総合的視野を身につけ、グローバルな視点から、サスティナブルな社会への貢献や巨大災害への対応ができる、実践的・創造的能力を備えた技術者・研究者を養成する。
 生物機能工学課程は、多彩で巧妙な生物機能を医・農・薬学領域も含めて広く工学的に活用するための基礎研究と応用が一体となっている。遺伝子、タンパク質、脂質、糖質などの分子から、微生物・植物・動物などの個体、さらには脳の高次元な機能や医療まで、幅広い分野に応用できる基礎を身につけ、世界最先端の研究に挑む。
 情報・経営システム工学課程では、企業、国、地方自治体などさまざまな組織の活動を、情報技術をベースに、科学的手法を用いて最適に管理運営するための技術を学ぶ。
 課程/専攻による一貫教育を行い、企業や自治体、NPO、ネットコミュニティなどの組織的活動に焦点を当て、その経営情報システムをデザインし、実践する基盤能力を育成する。

就職率・卒業後の進路 

 東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、ANAエアポートサービス、日本郵便、NTTファシリティーズ中央、西日本高速道路エンジニアリング中国、越後製菓、コメリ、日本自動車研究所、警視庁、新潟県職員、新潟市職員など。

問い合わせ先・所在地

〒940-2188  新潟県長岡市上富岡町1603の1 
TEL (0258)47-9271・9273 (入試課入学試験第1係直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県長岡市上富岡町1603-1 JR「長岡」駅大手(西)口7番線から技大前行き、バスで約30分

地図

 

路線案内

※学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。
最新内容は募集要項でご確認ください。


長岡技術科学大学(国立大学/新潟)