• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 琉球大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 農学部

国立大学/沖縄

リュウキュウダイガク

学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。最新内容は募集要項でご確認ください

農学部募集人数:140人

農学部

初年度納入金
2016年度納入金(参考) 81万7800円  (文部科学省令で定める2016年度の「標準額」。詳細はお問い合わせください。)

募集学科・コース

亜熱帯地域農学科

亜熱帯農林環境科学科

地域農業工学科

亜熱帯生物資源科学科

学部の特長

学ぶ内容
農学部
 2017年4月改組予定。亜熱帯生物資源科学科に新教育コース(健康栄養科学コース〈仮称〉)を設置予定。ただし、以下は改組前の内容。日本で唯一の亜熱帯地域という地理的条件を生かして、バイオサイエンスやITなどの先端技術を取り入れ、持続的食料生産、環境保全、資源・エネルギー利用および長寿・健康に関する教育と研究を行う。
 亜熱帯地域農学科では、農林経済学コース、植物開発学コース、循環畜産学コース、農林共生学コースの4つの教育コースを設け、農林畜産物の開発・生産、流通・消費および地域資源の合理的な利用・循環に関連したフィールド活用型の総合的農学教育・研究を行っている。
 亜熱帯農林環境科学科では、自然生態系および農林環境の保全、動植物の機能分析・開発専門家を養成することによって、動物・植物の探究と自然保護に貢献する。
 植物機能学コース、動物機能学コース、森林環境学コース、生態環境科学コースの4つの教育コースがある。
 地域農業工学科には、バイオシステム工学コース、地域環境工学コースのふたつの教育コースがある。
 亜熱帯の島嶼環境と調和した自然環境型農業や田園空間の創造、並びにIT農業の技術開発やバイオマス地域循環システムの構築によって、「緑・土・水」と人間との環境創出を目指す教育・研究を行う。
 亜熱帯生物資源科学科では、医薬品・食品・発酵など、亜熱帯生物資源利用開発を行う技術者育成によって、地域の食品開発、発酵技術開発、人類の健康生活の向上に貢献する教育と研究を行う。
 生物機能開発学コース、食品機能科学コース、発酵・生命科学コースの3コースがある。

就職率・卒業後の進路 

民間企業45、地方公務員15、国家公務員6、教員2。

問い合わせ先・所在地

〒903-0213  沖縄県中頭郡西原町字千原1
TEL(098)895-8141、8142 (学生部入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
千原キャンパス : 沖縄県中頭郡西原町字千原1 「那覇空港」から、市内線でバスターミナル下車、バス97番で「琉大東口」またはバス98番で「琉大北口」下車 約40~50分

地図

 

路線案内

※学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。
最新内容は募集要項でご確認ください。


琉球大学(国立大学/沖縄)