• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 下関市立大学
  • 学校の特長

公立大学/山口

シモノセキシリツダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

「みんなのために」を学ぶ、公共マネジメント学科に注目が集まる

「公共」と聞くと、役所などの「行政」をイメージしがちですが、社会を見渡せる広い視野と、人と人、企業間などの調整能力に代表される「公共マネジメント」能力は、行政の分野はもちろん、民間の企業やNPOでも求められています。本学では、全国に先駆けてリーダーとして地域社会を牽引できる人材の育成をめざし、公共マネジメント学科を設置。授業では、グループワークなどを多く設け、公共の課題や解決方法を学際的に学びます。「みんなのために頑張ると損をするの?」「おカネがなくても仕事はできる?」など、興味深いテーマを学ぶ講義も多数。下関市と連携した特別講義などを通して、地域貢献活動にも積極的に参加しています。学校の特長1

教育方針や校風が魅力

留学制度が充実!イベントに参加し、留学生と交流して国際理解を深めよう

グローバル化が進む現代では語学の修得に加え、国際感覚を身につけた人材の需要が高まっています。学生時代の留学は、視野を広げ大きく成長できるチャンス。夏休みに実施する「外国研修」や「国際インターンシップ」、半年から1年間海外の協定校で学ぶ「交換留学・派遣留学」など、海外へはばたく機会が豊富。さらに、派遣留学実施校への留学であれば4年間で卒業できるメリットも。また、経済学部で確かな語学力の修得を望む学生には、外国語副専攻を勧めています。3年次以降に外国語での調査や研究を実践的に取り入れ、小論文作成や口頭発表を行います。履修条件もありハードルは高いですが、より高度な語学力を身につけることができます。学校の特長2

就職に強い

2017年3月卒業生の就職率は99.8%。特に金融機関への就職には高い実績があります

学生の積極的な就職活動と充実したキャリア支援体制で、2017年3月卒業生の就職率は99.8%(就職者数427名)と、高い就職実績を残すことができました。本学の就職先の特徴として、毎年金融機関への就職が最も高く、次いで卸・小売、サービス、メーカーが多くなっています。本学では、1年次から4年次までの体系的なキャリア教育を行い、学生一人ひとりが主体的にキャリア設計できるようサポートしています。また、優良企業約100社が参加する合同業界研究会や就職ガイダンスの開催のほか、3年生全員に対して就職面談の機会を設け、学生のキャリア形成を支援しています。学校の特長3
下関市立大学(公立大学/山口)