• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 滋賀県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 環境科学部
  • 環境生態学科

公立大学/滋賀

シガケンリツダイガク

環境生態学科

募集人数:
30人

自然環境を総合的に理解し、人間と自然体系の関わり方を追究。環境の中で生じている問題の解決を目指す

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

目指せる仕事
  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 81万7800円~101万8800円 

学科の特長

学ぶ内容

豊富な野外実習と少人数制の先鋭的な授業を通じて、自然環境の分析技術や幅広い知識を修得
環境問題を解析し解決へと導く能力を養うために、幅広い分野の教授陣が展開する少人数制の先鋭的な授業を通じ、分析技術や自然科学の様々な分野に関する知識を修得する。滋賀県の恵まれた自然環境から様々なことを学ぶ豊富な野外実習も実施。野外調査に必要なノウハウを、野外での実習・実験を通じて身につける。

カリキュラム

環境科学の基礎を学び、実践的方法論を修得。環境生態学特別実習・卒業研究が学びの集大成に
1年次には基礎科目に加えて「環境フィールドワークI」や「環境科学概論」で環境問題の発見と解決のための基礎を学習。2年次からは陸域環境保全コースと水域環境保全コースに分かれ、環境問題に関する専門的な考察を行うと同時に、問題解析に必要な専門科目を体系的に学び、各自のテーマによる卒業研究に取り組む。

授業

森林環境の理解を目指す「森林環境学」。「陸域物質環境論」では、様々な研究事例を通じて学習
「森林環境学」の授業では、各森林タイプの分布と気候・環境との関係、森林の構造と維持機構、森林に棲む生物との相互作用、森林への人為影響などを総合的に学習。また「陸域物質環境論」では、生態系の物質動態・循環の視点から、陸域の各種生態系の成り立ちや環境に果たす役割について様々な研究事例を通じて学ぶ。
環境破壊について詳細に学ぶ「水域物質循環論」。人間活動と関係深い分野を学ぶ「大気環境学」
「水域物質循環論」の授業では、湖沼などの水域に生息する微生物に着目。炭素、窒素、リン等の物質循環に対する微生物の寄与と、物質循環の破壊による環境破壊について学ぶ。また「大気環境学」では、地球大気の特徴といった概論から、オゾン層の破壊をはじめとする各論まで、人間活動と関係深い分野を詳細に学習する。

研究テーマ

「水圏生態系における生物の動態および物質循環に関する研究」
水圏生態系における微生物や魚類、底生生物などの動態を調査し、人為的富栄養化や地球温暖化などの環境変動に対する応答について研究。さらに、水圏における微量必須元素や天然有機化合物の分布構造や相互関係について生物地球化学的観点から研究。水圏生態系のダイナミズムを、地域的視点と地球的視点の双方から解析する。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

・自然再生士補資格
※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

目標とする資格

    • ビオトープ管理士 (二級、計画部門)

    ※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    イズミヤ(株) 、 いであ(株) 、 伊藤忠エネクス(株) 、 エレコム(株) 、 (株)大阪ガスファシリティーズ 、 京都生活協同組合 、 敷島製パン(株) 、 (株)日立建機ティエラ 、 滋賀県警察 、 高島市 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
TEL/0749-28-8217
E-MAIL/nyushi@office.usp.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県彦根市八坂町2500 JR琵琶湖線「南彦根」駅西口からバスで約15分

地図

 

路線案内


滋賀県立大学(公立大学/滋賀)