• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 滋賀県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 材料科学科

公立大学/滋賀

シガケンリツダイガク

材料科学科

募集人数:
50人

原子・分子への深い理解を基盤に、自然環境と調和しながら人間の生活を豊かにする新しい材料の研究開発を行う

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 81万7800円~101万8800円 

学科の特長

学ぶ内容

金属、セラミックス、高分子…、既存の枠を超えた材料開発に必要な知識・技術・アイデアを体得
地球環境の保全を考えた循環型社会における材料開発には、材料に関する広範な知識と原子や分子を操る技術、ブレイクスルーを達成する斬新なアイデアが必要。本学科では様々な材料について総合的に学ぶとともに実験・演習により知識を体得。課題を見つけ、課題の解決ができる研究者・技術者を目指す。

カリキュラム

実験・演習を重視した実践的な教育カリキュラムを通じて、鋭い観察眼と柔軟な発想力を養う
1年次には材料科学への入門として、数学や物理学、物理化学などの基礎を固め、2年次からは物理化学、無機化学、有機化学等の専門科目を学習。3年次からの実験・実習で種々の材料特性の基礎を学び、4年次には本学科の様々な共同研究装置を用いて、学生一人ひとりが異なる研究テーマで卒業研究に取り組む。

授業

それぞれの材料についての基礎知識を重点的に学ぶ授業「金属材料」「セラミックス材料」
「金属材料」の授業では、特に重要な鉄鋼材料について学習。製造法と諸特性を理解し、実際の使用に必要な金属学的知識を習得する。「セラミックス材料」の授業では、材料の構造・物性・作製プロセスの基礎を学習。物理化学と無機化学に基づき、原子やイオンの化学結合や電子構造の理解に重点を置きながら学ぶ。
物質の変化速度の決定要因を学ぶ「反応速度論」。材料開発を学ぶ「エネルギー・界面科学」
「反応速度論」の授業では、全反応の速度と素反応の関係や素反応の速度に関する微視的理論を理解し、物質の変化速度を決定する要因について学ぶ。「エネルギー・界面科学」の授業では、先端材料における光・電子の動きから界面構造と物性を理解するとともに、エネルギー・情報・環境分野の基礎となる材料開発について学ぶ。

研究テーマ

金属材料分野の研究テーマ「機能性金属バルク・ナノ粒子合成技術開発と応用」
種々のスケールの金属系材料研究を展開。ナノ材料については、ポリオール法等を基本としたナノ粒子・ナノワイヤの合成と、それらの表面改質や分散系作成技術開発にも取り組む。またバルク系金属材料に関しては、高圧水素タンクへの応用を想定した新規高圧型水素吸蔵合金や電気抵抗材料、表面硬化技術の研究開発を推進。
学校概要

キャンパスは琵琶湖。テキストは人間。全国の地域で活躍できるリーダーを育成

琵琶湖と周辺地域のすべてを学びの場として、「環境科学部・工学部・人間文化学部・人間看護学部」の4つの学部をベースに地域の自然や産業、文化と調和的に暮らす人々の生き方に学んでいます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国>

※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

※大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得することが必要です。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    イビデン(株) 、 (株)エスケーエレクトロニクス 、 NCS&A(株) 、 (株)ソトー 、 ニチコン(株) 、 福田金属箔粉工業(株) 、 ヤンマー(株) 、 ローム(株) 、 滋賀県教育委員会 、 宇治市 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
TEL/0749-28-8217
E-MAIL/nyushi@office.usp.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県彦根市八坂町2500 JR琵琶湖線「南彦根」駅西口からバスで約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

滋賀県立大学(公立大学/滋賀)