• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 奈良県立大学

公立大学/奈良

奈良県立大学

ナラケンリツダイガク

新しい学びのカタチ“コモンズ”で、コミュニケーション能力を身につける

コモンズとは、学びのテーマごとに学生と教員が集う共同体。「この学問領域を追究したい」という志向に応えます。地域社会の持続と発展を見つめ、人と社会の未来を創るために本学はコモンズ制を導入しています。

奈良県立大学の特長

学校の特長1

地域社会の持続と発展を目指して、4つの領域「コモンズ」を用意します

4つの領域「コモンズ」とは、「観光創造」「都市文化」「コミュニティデザイン」「地域経済」の4つです。「観光創造」コモンズでは、観光という視点から創出される地域の持続可能性と発展について学びます。「都市文化」コモンズでは、都市や文化という視点から、地域の持続的発展の可能性について学びます。「コミュニティデザイン」コモンズでは、地域の空間的特性と社会システムから、快適な人間の生活空間としてのコミュニティの持続可能性について学びます。「地域経済」コモンズでは、グローバル、ナショナル、ローカルそれぞれの視点から、地域の経済的自立と持続的発展の可能性について学びます。

学校の特長2

徹底した対話型少人数教育が魅力です

特色ある独自の教育方法として「学習コモンズ制」を導入しています。この「学習コモンズ制」とは、“志向性を持つ学びの共同体”として教育内容の領域ごとに「学習コモンズ」という教員と学生のグループを設けて行うスタイルの学習です。専門性の近い教員がチームを構成し、チームティーチングにより学生を指導するのも特徴のひとつです。また、従来の講義形式の教育から、4年間を通じて対話型のゼミ形式(1年次は基礎ゼミ、2~4年次はコモンズゼミ)による少人数教育中心へと移行します。

学校の特長3

フィールド科目を必修化するなど、実践型教育を拡充します

『地域創造学部』の最大の特徴は、歴史的・文化的価値の高い寺社や自然環境に恵まれた“古都・奈良”にある利点を活かして学べることです。地域を学ぶには、教室での学習や文献研究だけでなく、さまざまな現場へ出向きながら見聞と交流を広げることが重要。交渉力、実践力を持ったたくましい人材を育成するために、カリキュラムに必修科目としてフィールド科目を設定し、すべての学生が実社会での活動を体験できるようにします。また、フィールドワーク等の地域活動、留学等の国際交流および就業を支援する地域交流センターを設置しています。

学校の特長1

地域社会の持続と発展を目指して、4つの領域「コモンズ」を用意します

4つの領域「コモンズ」とは、「観光創造」「都市文化」「コミュニティデザイン」「地域経済」の4つです。「観光創造」コモンズでは、観光という視点から創出される地域の持続可能性と発展について学びます。「都市文化」コモンズでは、都市や文化という視点から、地域の持続的発展の可能性について学びます。「コミュニティデザイン」コモンズでは、地域の空間的特性と社会システムから、快適な人間の生活空間としてのコミュニティの持続可能性について学びます。「地域経済」コモンズでは、グローバル、ナショナル、ローカルそれぞれの視点から、地域の経済的自立と持続的発展の可能性について学びます。

学校の特長2

徹底した対話型少人数教育が魅力です

特色ある独自の教育方法として「学習コモンズ制」を導入しています。この「学習コモンズ制」とは、“志向性を持つ学びの共同体”として教育内容の領域ごとに「学習コモンズ」という教員と学生のグループを設けて行うスタイルの学習です。専門性の近い教員がチームを構成し、チームティーチングにより学生を指導するのも特徴のひとつです。また、従来の講義形式の教育から、4年間を通じて対話型のゼミ形式(1年次は基礎ゼミ、2~4年次はコモンズゼミ)による少人数教育中心へと移行します。

学校の特長3

フィールド科目を必修化するなど、実践型教育を拡充します

『地域創造学部』の最大の特徴は、歴史的・文化的価値の高い寺社や自然環境に恵まれた“古都・奈良”にある利点を活かして学べることです。地域を学ぶには、教室での学習や文献研究だけでなく、さまざまな現場へ出向きながら見聞と交流を広げることが重要。交渉力、実践力を持ったたくましい人材を育成するために、カリキュラムに必修科目としてフィールド科目を設定し、すべての学生が実社会での活動を体験できるようにします。また、フィールドワーク等の地域活動、留学等の国際交流および就業を支援する地域交流センターを設置しています。

学校の特長1

地域社会の持続と発展を目指して、4つの領域「コモンズ」を用意します

4つの領域「コモンズ」とは、「観光創造」「都市文化」「コミュニティデザイン」「地域経済」の4つです。「観光創造」コモンズでは、観光という視点から創出される地域の持続可能性と発展について学びます。「都市文化」コモンズでは、都市や文化という視点から、地域の持続的発展の可能性について学びます。「コミュニティデザイン」コモンズでは、地域の空間的特性と社会システムから、快適な人間の生活空間としてのコミュニティの持続可能性について学びます。「地域経済」コモンズでは、グローバル、ナショナル、ローカルそれぞれの視点から、地域の経済的自立と持続的発展の可能性について学びます。

学校の特長2

徹底した対話型少人数教育が魅力です

特色ある独自の教育方法として「学習コモンズ制」を導入しています。この「学習コモンズ制」とは、“志向性を持つ学びの共同体”として教育内容の領域ごとに「学習コモンズ」という教員と学生のグループを設けて行うスタイルの学習です。専門性の近い教員がチームを構成し、チームティーチングにより学生を指導するのも特徴のひとつです。また、従来の講義形式の教育から、4年間を通じて対話型のゼミ形式(1年次は基礎ゼミ、2~4年次はコモンズゼミ)による少人数教育中心へと移行します。

学校の特長3

フィールド科目を必修化するなど、実践型教育を拡充します

『地域創造学部』の最大の特徴は、歴史的・文化的価値の高い寺社や自然環境に恵まれた“古都・奈良”にある利点を活かして学べることです。地域を学ぶには、教室での学習や文献研究だけでなく、さまざまな現場へ出向きながら見聞と交流を広げることが重要。交渉力、実践力を持ったたくましい人材を育成するために、カリキュラムに必修科目としてフィールド科目を設定し、すべての学生が実社会での活動を体験できるようにします。また、フィールドワーク等の地域活動、留学等の国際交流および就業を支援する地域交流センターを設置しています。

奈良県立大学の学部・学科・コース

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 入学料(県内生)17万6000円・(県外生)35万2000円、授業料53万5800円、後援会等の諸経費8万6500円   合計(県内生)79万8300円・(県外生)97万4300円

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数130名
就職者数127名
就職率97.7%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

卒業する学生の就職率100%を達成目標に掲げ、さまざまな取り組みを行っています

学生の主体的職業選択支援として、「キャリア形成講座」を開講しています。3年次では講座を通して、変化する採用スケジュールに迅速に対応し、就職活動の中で企業から重要視されているインターンシップの情報提供や参加の促進をしています。就職活動直前期には、社会人講師を招いた業界職種の理解セミナーを行うなど、産業界の声を就職活動に反映できる内容になっています。4年次は希望する進路を実現するため、徹底した個別指導を行います。きめ細かい支援で職業観・勤労観を涵養し、本人の適性と業務内容のミスマッチを防いでいます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

奈良県立大学入学試験事務室

〒630-8258 奈良県奈良市船橋町10番地
TEL:0742-22-4978 (直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
奈良県奈良市船橋町10 「近鉄奈良」駅から徒歩約10分
JR「奈良」駅から徒歩約10分

地図

 

路線案内

奈良県立大学(公立大学/奈良)