• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 麗澤大学

私立大学/千葉

麗澤大学

レイタクダイガク

世界にとっていいことしよう。どこよりも「人間力」を。さらに「グローバル力」を。

「実際に役立つ語学力と海外に関する教養」「実生活に必要な経済的知識」を備えた人材育成を目指しています。留学生が多く、学生と教職員の距離が近く、緑豊かなキャンパスで落ち着いて学べる環境が整っています。

麗澤大学の特長

学校の特長1

クロス留学-1度に2カ国語を修得するプログラム

麗澤大学独自の留学プログラムで一度に2カ国語修得するためのプログラムがあります。「クロス留学」と呼ばれており、英語と第2外国語を同時に修得できるプログラムです。例えば第2外国語がドイツ語の場合、ドイツのイエーナにあるイエーナ大学に留学し、独自の授業で英語とドイツ語を学ぶ「英独学習プログラム」に参加していただきます。他にも韓国語、中国語、タイ語など選択することができるとてもお得なプログラムです。

学校の特長2

一人ひとりに合わせたフルオーダーメイドのキャリア支援

相談するカウンセラーを学生自ら選び、選ばれたスタッフが学生と一人ずつじっくり話すことで信頼関係を築き、学生からも絶大な信頼を得ています。信頼関係を構築した上で、個別指導を繰り返すことで、学生のパーソナリティを把握し、希望する就職先とのマッチングの際にギャップを最低限に抑えられるようにしています。また、スタッフが企業訪問(年間約450件)することで、知られざる優良企業を開拓しています。より多くの学生に、より最適な企業を紹介できるように務めています。

学校の特長3

麗澤大学の留学プログラムは教職員による手作り

留学先49大学すべてに担当教員を配置し、各大学の教職員と信頼関係を構築しています。もしものトラブルの場合も直接担当教職員とやり取りができるため、とてもスムーズに解決することができます。自前でプログラムを作ることでコストを削減し、できる限り負担を減らせるように心がけています。留学する人数に定員はありません。全ての学生に留学するチャンスがあります。もちろん留学手続きなどは国際交流センターがしっかりサポートします。1年間留学しても、留学先で取得した単位を卒業単位として認定していますから4年間で卒業することができます。

学校の特長1

クロス留学-1度に2カ国語を修得するプログラム

麗澤大学独自の留学プログラムで一度に2カ国語修得するためのプログラムがあります。「クロス留学」と呼ばれており、英語と第2外国語を同時に修得できるプログラムです。例えば第2外国語がドイツ語の場合、ドイツのイエーナにあるイエーナ大学に留学し、独自の授業で英語とドイツ語を学ぶ「英独学習プログラム」に参加していただきます。他にも韓国語、中国語、タイ語など選択することができるとてもお得なプログラムです。

学校の特長2

一人ひとりに合わせたフルオーダーメイドのキャリア支援

相談するカウンセラーを学生自ら選び、選ばれたスタッフが学生と一人ずつじっくり話すことで信頼関係を築き、学生からも絶大な信頼を得ています。信頼関係を構築した上で、個別指導を繰り返すことで、学生のパーソナリティを把握し、希望する就職先とのマッチングの際にギャップを最低限に抑えられるようにしています。また、スタッフが企業訪問(年間約450件)することで、知られざる優良企業を開拓しています。より多くの学生に、より最適な企業を紹介できるように務めています。

学校の特長3

麗澤大学の留学プログラムは教職員による手作り

留学先49大学すべてに担当教員を配置し、各大学の教職員と信頼関係を構築しています。もしものトラブルの場合も直接担当教職員とやり取りができるため、とてもスムーズに解決することができます。自前でプログラムを作ることでコストを削減し、できる限り負担を減らせるように心がけています。留学する人数に定員はありません。全ての学生に留学するチャンスがあります。もちろん留学手続きなどは国際交流センターがしっかりサポートします。1年間留学しても、留学先で取得した単位を卒業単位として認定していますから4年間で卒業することができます。

学校の特長1

クロス留学-1度に2カ国語を修得するプログラム

麗澤大学独自の留学プログラムで一度に2カ国語修得するためのプログラムがあります。「クロス留学」と呼ばれており、英語と第2外国語を同時に修得できるプログラムです。例えば第2外国語がドイツ語の場合、ドイツのイエーナにあるイエーナ大学に留学し、独自の授業で英語とドイツ語を学ぶ「英独学習プログラム」に参加していただきます。他にも韓国語、中国語、タイ語など選択することができるとてもお得なプログラムです。

学校の特長2

一人ひとりに合わせたフルオーダーメイドのキャリア支援

相談するカウンセラーを学生自ら選び、選ばれたスタッフが学生と一人ずつじっくり話すことで信頼関係を築き、学生からも絶大な信頼を得ています。信頼関係を構築した上で、個別指導を繰り返すことで、学生のパーソナリティを把握し、希望する就職先とのマッチングの際にギャップを最低限に抑えられるようにしています。また、スタッフが企業訪問(年間約450件)することで、知られざる優良企業を開拓しています。より多くの学生に、より最適な企業を紹介できるように務めています。

学校の特長3

麗澤大学の留学プログラムは教職員による手作り

留学先49大学すべてに担当教員を配置し、各大学の教職員と信頼関係を構築しています。もしものトラブルの場合も直接担当教職員とやり取りができるため、とてもスムーズに解決することができます。自前でプログラムを作ることでコストを削減し、できる限り負担を減らせるように心がけています。留学する人数に定員はありません。全ての学生に留学するチャンスがあります。もちろん留学手続きなどは国際交流センターがしっかりサポートします。1年間留学しても、留学先で取得した単位を卒業単位として認定していますから4年間で卒業することができます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

2017 オープンキャンパス

【イベント概要】 『外国語学部』と『経済学部』ではどのような授業が行われていて、どのような力を見に付…

続きを見る

麗澤大学からのメッセージ

麗澤大学ページをご覧いただきましてありがとうございます。
きっと名前も知らない大学だったのではないでしょうか?
でも、あなたなら麗澤大学で学び、仲間と切磋琢磨し、世界を幸せに出来る力があります。大げさに言っているのではなく、ほんとうにそうなのです。
一度オープンキャンパスなど、あなたの目で確認してみませんか?きっと何か感じ取れると思います。

(2/17更新)

麗澤大学の学部・学科・コース

キャンパスライフレポート

詳細を見る

外国語学科 中国語専攻

吉田 怜菜さん

天津大学への留学で、中国語のレベルアップ!交友関係も広げたいな

他の先輩一覧を見る

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 外国語学部/145万円(初年度)・経済学部/145万2000円(初年度)

就職・資格

就職支援

一人ひとりに合わせたフルオーダーメイドのキャリア支援

相談するカウンセラーを学生自ら選び、選ばれたスタッフが学生と一人ずつじっくり話すことで信頼関係を築き、学生からも絶大な信頼を得ています。信頼関係を構築した上で、個別指導を繰り返すことで、学生のパーソナリティを把握し、希望する就職先とのマッチングの際にギャップを最低限に抑えられるようにしています。また、スタッフが企業訪問(年間約450件)することで、知られざる優良企業を開拓しています。より多くの学生に、より最適な企業を紹介できるように務めています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

麗澤大学 入試広報グループ

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3030

所在地 アクセス 地図・路線案内
千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 「南柏」駅から徒歩 約18分
「南柏」駅から東口1番乗り場発 東武バス 約4分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
入学案内(2018年度版)
無料
入学案内(2018年度版)+入試ガイド
麗澤大学(私立大学/千葉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    国際力、人間力、創造力を磨き、国際舞台で夢を実現する人材になる

  • Photo

    21世紀型教育と[国際英語][探究型教育]で社会に求められる最先端の教師、国際企業人に

  • Photo

    言語運用能力+異文化コミュニケーション能力を全員が身につけ、世界に挑む!

  • Photo

    4年間の学びを、力に変える大学。

  • Photo

    教養教育と実学教育で社会の変化に対応できる人材を育成 -看護学部もスタート-

  • Photo

    グローバルな視野を持ち、他者と共生できる自立した女性を目指す

  • Photo

    「世界で、自分を拓(ひら)く」。国際社会の一員として、世界を発展させる人材を育成

  • Photo

    「あたたかく面倒見の良い大学」を目指し、顔と名前が一致する個別アドバイスを実践

  • Photo

    「やってみる、という学び方。」で、社会に出てから必要とされる実学を身につけよう

  • Photo

    4年間継続する実践型のキャリア教育で、実社会から求められる力を身につける

次へ