• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桃山学院教育大学

私立大学/大阪

桃山学院教育大学

モモヤマガクインキョウイクダイガク

現校名 プール学院大学 2018年4月名称変更予定 構想中

全国トップレベルの教育者を育成。西日本唯一の「私立教育大学」が始動!

平成30年4月、西日本唯一の私立の教育大学、桃山学院教育大学が始動(※プール学院大学より変更予定 申請中)。人間教育を念頭に、教育現場で経験豊富なベテラン教員が全国トップレベルの教育力を持つ教育者を育成。

桃山学院教育大学の特長

学校の特長1

[チューター制による少人数教育] 学生一人ひとりと向き合う教育環境

授業は20名1クラスを中心とした少人数制です。学生一人ひとりの希望する進路や特性に応じて、チューター(担任)が履修計画の作成や学生生活などについて支援。教育現場での経験が豊富な教員がチューターとなるため、日々の学習はもとより、実習先で経験した悩みや疑問点などについて、実践的なアドバイスを行います。

学校の特長2

[1年次からのインターンシップ] 「現場体験→振り返り→アドバイス」のサイクルを確立

現場で活かせる実践スキルを修得するため、1年次から教育現場でのインターンシップを実施。教育機関への問い合わせから始め、授業補助などを行います。子どもたちと向き合い、その表情や言葉に触れることは、興味を引く伝え方やデリケートな心理などを肌で学ぶ機会。現場での体験で感じた疑問などは、授業の中でクラスの仲間や教員と共有し、振り返ります。仲間の意見は、学びを深めるきっかけや、成長の刺激に。教員からは、豊富な経験が裏付ける実践的なアドバイスがあります。このサイクルを繰り返しながら、教育者になる意識と実践力を習熟させていきます。

学校の特長3

[アクティブラーニング・課題解決型学習] 地域や企業とつながり主体的に学ぶ

学外の地域団体や企業とコラボレーションする企画に取り組み、教育者、社会人として不可欠な素養となる人間性や社会性の育成を実践。企画の立案、告知、運営まで学生が主体となって活動します。ともに活動するパートナーは地域団体や企業で働く方々、楽しんでもらうのは子どもたちが中心です。さまざまな人々との交流や交渉などの経験を通じて、学習面はもちろん、社会やビジネスのルールやマナー、主体的に思考し行動する姿勢を養います。

学校の特長1

[チューター制による少人数教育] 学生一人ひとりと向き合う教育環境

授業は20名1クラスを中心とした少人数制です。学生一人ひとりの希望する進路や特性に応じて、チューター(担任)が履修計画の作成や学生生活などについて支援。教育現場での経験が豊富な教員がチューターとなるため、日々の学習はもとより、実習先で経験した悩みや疑問点などについて、実践的なアドバイスを行います。

学校の特長2

[1年次からのインターンシップ] 「現場体験→振り返り→アドバイス」のサイクルを確立

現場で活かせる実践スキルを修得するため、1年次から教育現場でのインターンシップを実施。教育機関への問い合わせから始め、授業補助などを行います。子どもたちと向き合い、その表情や言葉に触れることは、興味を引く伝え方やデリケートな心理などを肌で学ぶ機会。現場での体験で感じた疑問などは、授業の中でクラスの仲間や教員と共有し、振り返ります。仲間の意見は、学びを深めるきっかけや、成長の刺激に。教員からは、豊富な経験が裏付ける実践的なアドバイスがあります。このサイクルを繰り返しながら、教育者になる意識と実践力を習熟させていきます。

学校の特長3

[アクティブラーニング・課題解決型学習] 地域や企業とつながり主体的に学ぶ

学外の地域団体や企業とコラボレーションする企画に取り組み、教育者、社会人として不可欠な素養となる人間性や社会性の育成を実践。企画の立案、告知、運営まで学生が主体となって活動します。ともに活動するパートナーは地域団体や企業で働く方々、楽しんでもらうのは子どもたちが中心です。さまざまな人々との交流や交渉などの経験を通じて、学習面はもちろん、社会やビジネスのルールやマナー、主体的に思考し行動する姿勢を養います。

学校の特長1

[チューター制による少人数教育] 学生一人ひとりと向き合う教育環境

授業は20名1クラスを中心とした少人数制です。学生一人ひとりの希望する進路や特性に応じて、チューター(担任)が履修計画の作成や学生生活などについて支援。教育現場での経験が豊富な教員がチューターとなるため、日々の学習はもとより、実習先で経験した悩みや疑問点などについて、実践的なアドバイスを行います。

学校の特長2

[1年次からのインターンシップ] 「現場体験→振り返り→アドバイス」のサイクルを確立

現場で活かせる実践スキルを修得するため、1年次から教育現場でのインターンシップを実施。教育機関への問い合わせから始め、授業補助などを行います。子どもたちと向き合い、その表情や言葉に触れることは、興味を引く伝え方やデリケートな心理などを肌で学ぶ機会。現場での体験で感じた疑問などは、授業の中でクラスの仲間や教員と共有し、振り返ります。仲間の意見は、学びを深めるきっかけや、成長の刺激に。教員からは、豊富な経験が裏付ける実践的なアドバイスがあります。このサイクルを繰り返しながら、教育者になる意識と実践力を習熟させていきます。

学校の特長3

[アクティブラーニング・課題解決型学習] 地域や企業とつながり主体的に学ぶ

学外の地域団体や企業とコラボレーションする企画に取り組み、教育者、社会人として不可欠な素養となる人間性や社会性の育成を実践。企画の立案、告知、運営まで学生が主体となって活動します。ともに活動するパートナーは地域団体や企業で働く方々、楽しんでもらうのは子どもたちが中心です。さまざまな人々との交流や交渉などの経験を通じて、学習面はもちろん、社会やビジネスのルールやマナー、主体的に思考し行動する姿勢を養います。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

桃山学院教育大学を深く知る!オープンキャンパス2017

2018年4月スタート!桃山学院教育大学を深く知るチャンス 自分の目で見て、聞いて、桃山学院教育大…

続きを見る

桃山学院教育大学からのメッセージ

桃山学院教育大学(2018年4月プール学院大学より変更予定/申請中)を深く知るチャンス!いよいよ6月からオープンキャンパスがスタート☆

6/11(日)、7/16(日)、8/6(日)、8/19(土)、9/24(日)
各日:13:00~16:00(※全日、桃山学院大学と同日開催予定)

●大学紹介(桃教大まるわかり!)、入試制度説明会、模擬授業、個別相談コーナーなど。
●ご予約不要です。お友達や保護者の方とお気軽にご参加ください。

(4/17更新)

桃山学院教育大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2018年度納入金(予定) 【教育学部】教育学科/138万円

就職・資格

就職支援

企業および保育施設などへの就職をめざす学生を、手厚くバックアップする「キャリアサポートセンター」

教育者・保育者の能力・マインドを備えて企業や関連施設へ。キャリアサポートセンターでは、一般企業および保育施設などへの就職に向けた支援を展開しています。学生一人ひとりに合わせて、担当職員が丁寧な個別指導で対応し、個人の適性に応じたアドバイスで希望の進路をめざします。各種就職ガイダンスや少人数のミニ講座を実施するほか、学内合同説明会や企業および保育施設などの担当者を招いての説明会も開催。文系学生の苦手克服のために「筆記試験対策講座」を実施し、非言語分野を中心にSPIに備える対策も行います。

問い合わせ先・所在地・アクセス

学校法人桃山学院 大学開設準備室

〒590-0114 大阪府堺市南区槇塚台4-5-1
TEL:072-247-5605

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府堺市南区槇塚台4-5-1 「泉ケ丘」駅から1番乗場発コミュニティバス 7分
「金剛」駅から西口4番発コミュニティバス 20分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
2018年用 学校案内・入試ガイド
桃山学院教育大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    薬学、歴史、経営、福祉、スポーツ、文学、心理、教育など社会ニーズに応える人材を。

  • Photo

    実践的な知識と能力を培う、大阪市内にある経済・経営系の都市型大学

  • Photo

    ◆学科等を新設構想中◆定員120名増予定◆グローバル教育がグレードUP◆就職率98.2%

  • Photo

    実就職率は日本1位!週に1度の現場体験で保育所・幼稚園・小学校の「先生」になる

  • Photo

    体育・スポーツ・教育における専門性と指導力を高め、学生生活を通して主体性を育む!!

  • Photo

    高度な専門教育を通じて「人を幸せにする」福祉・心理・教育・医療・栄養の専門家に

  • Photo

    『すべての体験を成長に。』 2018年4月より国際キャリア学科に3コース制を導入!

  • Photo

    長い歴史と伝統が、新たな可能性を生み出す学びの場。豊かな知性と輝く個性を育みます

  • Photo

    子どもを取り巻く問題を子どもの視点から学び、「こども学」のスペシャリストに!

  • Photo

    JR大阪駅から9分、吹田駅すぐ!選んだ学びは、「教育」「保健医療」「政治経済」。

次へ