• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 杏林大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊玉 芙祈子さん(外国語学部 観光交流文化学科/客室乗務員(キャビンアテンダント))

私立大学/東京

キョウリンダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

客室乗務員(キャビンアテンダント)  として働く  伊玉 芙祈子さん  にインタビュー!

  • 航空・運輸業界
  • その他専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

多くのお客様と接し、国内外を飛び回る。仕事に求めた2つの「好き」が叶っています!

この仕事の魅力・やりがい

家族全員が飛行機好きで、中学生の時にキャビンアテンダント(CA)を目指そうと思いました。パイロットにも憧れはありましたが、私は人と話すことが好きなので、多くのお客様と接することができるCAのほうが向いていると考えたのです。バニラエアのCAは4人1組で乗務するので、チームとしてお客様に何ができるかを考えながらフライトを作っていけます。また、学生時代の海外旅行では行く機会の少なかった国や街に行けることも魅力の一つです。例えば台湾なら、よく知られている台北だけでなく、高雄という市にも飛びます。現地ならではの食や文化、人との交流を通して自分の世界が広がっていくことも、仕事のやりがいになっています。

客室乗務員(キャビンアテンダント)として働く伊玉 芙祈子さん

チームリーダーの「客室責任者」を目指しています!

客室乗務員(キャビンアテンダント)として働く伊玉 芙祈子さん

私の学生時代!

観光交流文化学科は少人数制で、お互いにすぐ名前を覚えられますし、学科のイベントなどにも全員で仲良く取り組みながら、交流を深めていけます。この「全員で仲良く取り組む」というチームワークのスキルを伸ばせたことが、今の仕事に大きく役立っています。また、杏林大学の強みと言える英語・中国語に加え、韓国語もマスターしたかった私は、韓国からの留学生と友だちになったり、韓国料理店でアルバイトをするなど積極的に努力しました。発音を学ぶPEP(実用英語演習)の授業も大好きで、留学をしなくても、長く留学した人のように英語を流暢に話せるようになります。どの授業も充実していて、あっという間の4年間でしたね。

後輩への応援&アドバイス

CAを目指している人は多いと思います。私は、チームで力を合わせて何か作りたいとか、いろいろな人を喜ばせたいという気持ちがあって、そうした活動を楽しめる人がCAに向いていると感じています。あとは、マナーも大事ですね。杏林大学ではホスピタリティを学ぶ授業で、おもてなしの精神とともに、高度な接客マナーを身につけることができます。またCAは、安全などに関わる分厚いマニュアルを頭に入れておく義務があり、毎年1回、実技と筆記試験によるチェックを受けます。就職後も常に勉強を続ける大変さはあるのですが、最も大事なのは「CAになりたい!」という意欲です。叶えたい夢に向かって、ぜひ頑張ってください。

プロフィール

伊玉 芙祈子さん のプロフィール

バニラ・エア株式会社勤務/外国語学部 観光交流文化学科/2015年3月卒/中学生の時から抱いていたCAになる夢を叶えた伊玉さんだが、仕事に就いて初めて知ったことは多いという。「飛行機は自動運転の技術が進んでいますが、離陸や着陸の際はやはりパイロットの操縦が必要です。マニアの方は、自動から手動に切り替える時の『ピロピロピロ』と鳴る音を聞くために、最前列の座席を予約されることが多いんですよ」「CAは救急救命の資格も必ず取らなくてはなりません。飛行機の機種ごとの資格も必要です」など、業界ならではの話も数多く聞かせてくれた。

この先輩が卒業したのは…

杏林大学 外国語学部 観光交流文化学科

学校イメージ

旅行・ホテル・航空業界をはじめ、広く観光産業で活躍できる人材を育成する学科です。観光産業の現場で役立つ語学力の習得をベースに、世界文化を学ぶ「交流文化論」、ホテル運営について学ぶ「宿泊産業論」、国際観光を支える航空会社の経営・マーケティングを学ぶ「航空産業論」、さらに旅行サービスや外食産業の講座まて、バラエティ豊かなカリキュラムを用意しています。インターンシップや異文化交流・留学等のプログラム、国内旅行業務取扱管理者や秘書検定など資格取得を支援する学内資格講座も充実しており、少人数制のメリットを活かして、経験豊かな教授陣が学生一人ひとりの個性と目標に応じた親身な指導を進めていきます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
杏林大学(私立大学/東京)