• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 茨城キリスト教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生活科学部
  • 心理福祉学科

私立大学/茨城

茨城キリスト教大学

イバラキキリストキョウダイガク

心理福祉学科

募集人数:
60人

心の通ったケアのできる福祉の専門職、福祉の知識を持つ心理のスペシャリストを育てます。

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • キャリアカウンセラー

    高校生・大学生・社会人を対象に、仕事選びや将来の方向性について相談に乗る

    本人の適性や希望に合わせて、仕事選びや仕事に関する将来の方向性などについて相談に乗る専門家。対象となるのは、進路について検討している高校生や大学生、やりたいことが見つからずに悩んでいる若者、失業中や転職活動中の社会人などさまざま。企業の人事部門に所属し、社員の相談に乗るケースもある。単に仕事を紹介するだけではなく、自分に合った仕事をどう見極めたらいいか、目標を実現するためにはどのような経験を積むべきかなど幅広いアドバイスをする。

  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • ケアマネジャー

    介護サービスの内容や業者などを決め、介護計画を立てる介護支援専門員

    介護保険サービスの申請を市町村から受け、申請者を訪ねてその身体状況を調査し、介護保険給付が必要となった場合は介護サービス計画を作成する介護支援専門員。申請者との信頼関係、介護サービスの提供者側との調整などが、能力の問われるところだ。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

初年度納入金:2017年度納入金 127万円  (学納金のみ)

学科の特長

学ぶ内容

福祉の専門知識の習得はもちろん、心の通った人間への深い理解を図ります
人口の高齢化、いじめなど、社会がさまざまな問題を抱える現代。人々は物質的にも精神的にも多くのストレスにさらされています。本学科ではこうした人々を支援するエキスパートを育成。福祉の専門知識の習得はもちろん、心の通った人間への理解を大切に心理・福祉などの知識を総合的に学びます。

カリキュラム

福祉と心理を相互に学び、幅広い知識と高い専門性を持つプロフェッショナルを育成します
1年次には福祉と心理の基礎を学ぶと共に、少人数の演習方式で大学での学習方法を習得。2年次には自己理解や職業理解に努めます。3年次からは実習や演習をとおして専門の知識を深めます。卒業後は、ソーシャルワーカーや心の専門職としての活躍をめざします。

授業

高齢者や障がい者、児童の福祉施設で実習「社会福祉援助技術現場実習」
事前に実習計画を作成し、高齢者、障がい者、児童などの施設で実習します。期間は4週間程度。この実習期間中に「初めは目を合わせてくれなかった人が、目を合わせてくれるようになった」など、人間的なふれあいを体験し、学生は成長していきます。実習後、実習先の職員を招いての報告会を実施します。
五感を用いた疑似体験をとおして、癒しのメカニズムに迫る「癒しのセラピー」
見る、聴く、触れる、嗅ぐ、味わうといったさまざまな感覚機能を用いた疑似体験をとおして、癒しのメカニズムに迫ります。またそれらが心理臨床においてセラピーとして活用されている実際について学びます。チャペルやキャンパス内の豊かな自然が教室になることもあります。
複雑な人間心理を深く見つめ理解する「深層心理学」
コンプレックスやストレス、霊性(スピリチュアリティ)、トラウマ、PTSD、夢などの現象をトピックスにして学ぶことによって、複雑な人間心理の深層を理解する力を養うことをめざします。「意識」「無意識」の働きと行動とのつながりを様々な観点から見つめなおすことは、自他の共感的理解の深まりにも通じます。

クチコミ

カウンセリング研究所は、日本におけるロジャース派カウンセリングの草分け
カウンセリング研究所は1955年の設立。当時の学園総長、ローガン・ファックスがロジャース派のカウンセリング理論を紹介した草分けとも呼べる場所。現在もこの研究所が実施する宿泊形式のワークショップや公開セミナーは、カウンセラーをめざす学生にとって貴重な経験の場となっています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【福祉】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (一種) 、
  • 日本心理学会認定心理士 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

福祉心理士

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 85.9 %

( 就職者61名/就職希望者71名 )

主な就職先/内定先

    特別養護老人ホームエスコート磯原 、 特別養護老人ホーム成華園 、 介護老人保健施設はなみずき 、 救護施設ナザレ園 、 障がい者支援施設ユーカリの里 、 児童養護施設内原和敬寮 、 土浦協同病院 、 茨城県(福祉職) 、 ひたちなか市(社会福祉士) 、 小美玉市(社会福祉士) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒319-1295 茨城県日立市大みか町6-11-1
フリーダイヤル0120-56-1890
nyushi@icc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県日立市大みか町6-11-1 「大甕」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

茨城キリスト教大学(私立大学/茨城)