• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 奥羽大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 薬局を通して人と関わっています。

私立大学/福島

オウウダイガク

薬局を通して人と関わっています。

宗像 紘子さん
薬局の仕事とひと口に言っても、それは多岐にわたります。たとえば、学校薬剤師として行うプールの水質検査や薬物乱用教室、地域包括ケアシステムへの貢献、介護認定審査なども私たちの仕事。調剤や服薬指導は、多くの職務のなかの一つなのです。私が勤めている薬局で重視しているのは、”医療機関”としてはもちろん、”お店”としての薬局のあり方を考えて実践すること。つまり、患者さんに薬を提供し、セルフメディケーションをサポートすることで地域の医療・健康に貢献するだけでなく、それ以上の喜びや結びつきを作ることも大切な仕事と考えているのです。私たちに関わる全ての人々の心を、より豊かにし、活力に満ちたものにするために、できることはたくさんあります。このように薬局の薬剤師は、とてもやりがいのある仕事です。

地域医療への関わり方は多種多様です。
私の職場では、地域の人々とのつながりを最優先事項と考えています。そのため、地域のクリニックと共催するイベントや、企業や公民館で行う健康教室、薬局のスタッフによる音楽会など、さまざまなイベントを積極的に開催。福島県や三春町が主催するイベントに参加する機会も多いです。また、患者さんやお客様と手紙のやりとりをすることもあります。いずれも、つながるために始めたのではなく、地域の方々とつながっていく過程で自然と生まれたものばかり。目の前にいる方に興味を持ち、その方が何を求めているのかを考えていくと、自ずと親切な対応や心の通ったサービスに行きつきます。地域に愛される薬局となるために大切なのは、まず私たちが地域を愛すること。地域を想えば、必ず患者さんにとって心地のよい場所となるのです。
奥羽大学(私立大学/福島)