• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 岡山理科大学
  • 学校の特長

私立大学/岡山・愛媛

オカヤマリカダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

教育学部・経営学部の開設により、文理総合大学としてより魅力的な大学に

“探究”をテーマに、特色ある研究や学びを推進する本学。2016年4月には本学初となる文系学部「教育学部」を開設し、さらに2017年4月には経営学部を開設。既存の学部においても、モンゴル・ゴビ砂漠へ赴いての化石発掘・地質調査など、過去の環境を知り、地球の未来を考える生物地球学科の研究をはじめ、生物化学科によるミトコンドリア病の治療薬開発研究などを実施。また、フィールドワークや地域との連携を通して、自分の目で本物を見て、ふれて、生きた学びを体得することで、学生自身の探究する姿勢を育みます。さらに研究の学会発表や地域の子どもたちに科学の面白さを伝える試みなど、学生の自主性を高める教育に取り組んでいます。学校の特長1

教育方針や校風が魅力

IB(国際バカロレア)教員養成カリキュラムの導入で、国際色豊かな大学に進化します

2017年度より、国際教育プログラム「IB(International Baccalaureate)」を導入した高校などで教壇に立つ教員を養成する「IB教員養成コース」を開設します。IB教育を行える教員の養成は、メルボルン大学や香港大学など世界で31の大学が取り組んでいますが、日本では大学院が一校のみ、大学の学部でこのコースを設置するのは本学が国内初です(2016年8月時点)。また、数学と化学に特化したSubject teacher certificateは、国内初の開設となります。本学のグループ校である英数学館中・高等学校もIB認定校となり、2017年度からIB教育をスタート。双方の連携も視野に入れており、日本におけるIB教員養成のモデル校となることをめざしています。学校の特長2

施設・設備が充実

教育研究環境の充実を図り、2016年3月「A1号館」完成

創立50周年記念事業の一つとして、開学当初からの校舎の建て替えを行いました。2016年3月に完成した「A1号館」は、地上11階、地下1階建て。理学部や総合情報学部の教育研究ゾーンに加え、事務機能部門などが移ります。さらに、実験室が充実され、講義室やマルチメディア室が強化。学生たちの教育研究環境のさらなる充実を図っています。また、ラーニングコモンズ機能(学習支援の統合施設)を備えた図書館や、工作施設「サイエンスドリームラボ」、学生同士のコミュニケーションや自習の場である「スチューデントコスモス」、レストランなども併設されています。学校の特長3
岡山理科大学(私立大学/岡山・愛媛)